山本譲二が認めた「日本歌謡を歌う韓国人歌手」涙の苦節半生

投稿日: 2012年06月08日 00:00 JST

「僕は山本譲二さんのことを『アボジ(父)』と呼んでいます。3年前に譲二アボジと出会い、日本の歌謡曲が好きになったんです。譲二アボジは、韓国にいる本当のアボジ(54)みたいです。優しくて『楽しんでやりなさい』と応援してくれるところが、とくに似ています」

こう話すのは、3月に『愛・ケセラセラ』でデビューしたパク・ジュニョン(30)。韓国人特有の繊細な美声で日本の歌謡曲を歌う姿に、注目が集まっている。才能を見いだしたのは、あの山本譲二(62)だ。

「譲二アボジからは、いろいろと歌唱指導をしていただきました。厳しいと感じたことはありません。お酒の席だけは、厳しいですけど(笑)。子どものころから歌うことが好きでした。大学をやめて、歌手の道を進むと決めたとき、両親は『やってみなさい』と送り出してくれました。成功するまでは帰れない、そう思いました」

釜山生まれのジュニョンは、'02年にソウルでダンスグループ『A−ZAX』のメンバーとしてデビュー。'05年にはR&Bグループ『THE STORY』の歌手として再出発したが、方向性の違いなどで解散した。その後、'09年に来日し、山本と出会ったことが転機となった。デビュー曲『愛・ケセラセラ』は、3月14日付けの『レコチョク』演歌/歌謡曲部門で初登場1位を獲得している。

「両親は、すごく喜んでいました。じつは、オモニ(母・53)が今年の正月に観光バスにひかれてしまって、入院しているんです。今も右手が不自由なんですが、僕に心配をかけないよう、隠していたようです。だからこそ、病院のオモニにも歌声が届くようにがんばりたいです。目標は、紅白出場です!」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング