「梅ちゃん先生」の先生が語った「堀北真希の驚愕撮影秘話」

投稿日: 2012年06月16日 00:00 JST

大人気のNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』。堀北真希(23)が演じるヒロインの梅子は現在、父が教授を務める病院でインターンとして奮闘中だ。そんな彼女に医学面のアドバイスをする医師のひとりが、東邦大学の高松研医学部長。高松さんが収録秘話を語ってくれた。



「私が堀北さんに聞かれましたのは、医療器具の持ち方などです。『こういう持ち方で大丈夫ですか?』とか、技術的な部分がほとんどでした。彼女は、本当によく勉強されているなと思いました。いまは、いわゆる”できる医師”っていう雰囲気ではないですけどね(笑)。でも、一生懸命に”人を診る”という”医師のオーラ”を、堀北さんは頑張って出しておられると思います」



22%を超える高視聴率を記録している人気の理由を、高松さんは「もちろん、主演の堀北さんの魅力が大きいのでは」と見る。高松さんは”教え子”の堀北に、感心するばかりだったという。



「特に印象的なのは、顕微鏡の実習のシーンでした。当時の顕微鏡は単眼で、顕微鏡の焦点を合わせる設定を自分でしなければならないんです。そこから撮影したのですが、その焦点を合わせるプロセスを堀北さんは知っていたんですよ。彼女には中学で習った記憶が正確に残っていたんでしょうね。『こうするんですよね?』って、基本的な操作をご存知だったことにびっくりしました」



さらに、堀北たちキャスト陣の収録スケジュールのハードさにも、高松さんは驚きを隠さない。



「私は、局に朝の10時ごろから夜11時ごろまでいたんです。堀北さんたち出演者は、朝の6時ごろからスタートして、夜遅くまで現場にいると話していました。そのあいだ数話分の撮影を、着替え、リハーサル、本番……、とこなしていくのには感心しますよね。私が収録現場で立ち会っていたときには、堀北さんがNGを出すことは、ほとんどなかったですね」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング