松山ケンイチ「源氏をメインに」のテコ入れ策で”出番激減”危機

投稿日: 2012年06月21日 00:00 JST

松山ケンイチ(27)主演の大河ドラマ『平清盛』の視聴率低下が止まらない。6月3日放送の第22話では、関西地区で9.2%という前代未聞の数字にまで落ち込んだ。「局内でも問題になっていて、プロデューサーの責任問題にも発展しそうです」(NHK関係者)

そこでNHKは驚きの挽回策を打ち出したという。

「まず『松山さんばかりクローズアップするのはやめよう』ということになりました。これまでの視聴率を分析した結果、『彼だけでは数字を取りにくい』ということになった。もちろん主演ですからまったく登場しないことはありえません。しかし、回によっていろんな人たちにスポットを当て『中心人物を複数にする』のがいちばんの変更点です」(制作スタッフ)

ここ数回で最も多く瞬間最高視聴率となったのは、ライバルの源義朝を演じる玉木宏(32)だった。すでにクランクアップしているが、妻・由良御前との夫婦描写を細かく取り上げていくなどして、玉木の出演回数を増やすことが決定しているという。

「現場では『今後は源氏をメインに』という声が高まっています。タイトルは『平清盛』なのですが……」(前出・制作スタッフ)

歴史的に有名な事件を大きく扱い、武井咲(18)演じる悲劇のヒロイン・常盤御前のストーリーを膨らませるなど、次々と”脱平家”の台本が練られているようだ。

「このままだと松山さんの出番は削られるいっぽう。下手すると、1話のうち5分ほどしか登場しないストーリーも考えられているみたいです。主演なのに”脇役”になりかねないため、意気消沈。誰も声をかけられない状態です」(前出・NHK関係者)

起死回生なるか――。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング