東電「非稼働の原発のために毎年2004億円」の無駄遣い

投稿日: 2012年06月22日 00:00 JST

「再稼働がなければ火力の燃料費高騰で電気料金は15%上がる」と示すなど、野田政権は原発再稼働へ向けてなりふり構わぬ姿勢で驀進中だ。それに対し、経済ジャーナリストの荻原博子さんは怒りを隠さずこう語る。

「何といっても東電は、この2012年から3年間、再稼働のめどがたっていない東海第二原発(茨城県)のある日本原子力発電と、東通原発(青森県)と女川原発(宮城県)のある東北電力に、毎年1千2億円ずつ支払うことを決めています。これを無駄といわずして何というのでしょう」

つまり東電は、両社合わせ年間2004億円もの大金を、非稼働の原発のために支払うというのだ。東電は両社の(非稼働の!)原発から電力を買い取る契約を結んでいるが、3年間で単純計算すれば、その支払い額は6012億円にもなる。

「支払い続ける理由は、原発維持の固定費を負担するためとしています。そして信じられないことに、費用は家庭向け電気料金の値上げ分に含まれているんです。この無駄なお金を払わなければ、料金の値上げは8%に抑えられるといいます」(荻原さん)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング