大飯原発 再稼働決定の大飯原発真下に「危険な活断層」と専門家

投稿日: 2012年06月26日 00:00 JST

6月22日19時、東京・首相官邸前に集まった人々は口々に、「大飯原発を止めろ!」「再稼働の決定は許せない!」と反原発を叫んだ。16日に決定した福井県・大飯原発3・4号機の再稼働を受けて抗議集会が行われたのだ。

福島第一原発の放射能漏れ事故も収束していない状態にもかかわらず、国がしきりに安全性を強調する大飯原発の再稼働。国民が不安の声をあげるなか、その危険性を指摘する専門家は何人もいる。

変動地質学に詳しい東洋大の渡辺満久教授は、「大飯原発の真下には危険な活断層が走っている可能性が高いのです。活断層が動けば地震が発生し、上の建物は崩壊する。そんな危険な地盤上に原発が建っているなんてあってはならないこと。しかし、そのあってはならない危険性が放置されているのです」と、危険性について語る。

活断層とは、将来的に地震を引き起こすと考えられる「生きた断層」のこと。大飯原発2号機と3号機の間には、「F‐6断層」と呼ばれる断層が走っている。この断層は斜めに向かって地下に潜っているため、再稼働が決定した3号機の真下にも届いている。

これまで関西電力は「これは活断層ではない」と説明してきた。しかし渡辺教授によると、大飯原発の資料を分析した結果、この「F‐6断層」は活断層である可能性が高いのだという。

「関西電力は大飯原発建設の際、事前に地質調査を実施しました。今回、その資料の中にあったスケッチ断面図を見たのですが、驚きました。穴の北側断面に“典型的な活断層”の兆候があったのです。もし仮に関西電力が活断層ではないと考えるなら、調査をしてはっきりすればいい。調査自体は2日あればできるものです。しかし、それをかたくなに実施しないのです」

再稼働ありきの方針ゆえに調査を行わないとすれば、確信犯としか言いようがない――。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング