原監督 裏切り21年目の懺悔は「長男の出産時、僕は不倫を…」

投稿日: 2012年06月29日 00:00 JST

「長男が産まれた日、原さんは出産を終えた夫人にワインを買っていきました。原さんが『この子が大きくなったら“これが、お前が産まれたときに買ったワインだ”と言ってやるんだ。きっと話が弾むぞ』と笑うと、夫人も嬉しそうだったそうです。しかし実はこのころ、彼はある女性と不倫関係にあったのです」(プロ野球関係者)

6月22日、原辰徳巨人監督(53)の自宅は異様な空気に包まれていた。降りしきる雨の中、インターフォンを押そうとする本誌記者を、屈強な球団関係者の2人組が静止する。中にいる明子夫人(59)を閉じ込めるかのような、超厳戒体制だった――。

騒動の発端は、週刊文春6月28日号の「巨人原監督が元暴力団員に一億円払っていた」と題する記事だった。’06年8月に原監督のもとを訪れた男性2人は、彼が88年に不倫関係だった女性の日記を示し「原さんが野球界から居なくなったら大変なことになる」と一億円を要求。原監督は、日記を処分する条件で、支払いに応じたのだ。

原監督が明子夫人と結婚したのは’86年。大学時代に知り合った夫人と一度は結婚を誓うも、両家からの反対を受け破局。その間、明子夫人は、別の男性との結婚と離婚を経験している。そして破局から4年後に再会した原監督は、「今度こそ!」と猛アプローチ。大恋愛の末のゴールインだった。’88年には長男を授かるなど、子宝にも恵まれた。

「今でこそ、プロ野球選手は年上女房が支える形が定着していますが、明子夫人は、その走りだったように思います。結婚の年、彼はケガに悩まされていましたが、『タッちゃん、頑張って!』と夫人が励ましていました。選手時代は食事管理、’95年の引退後は解説者となった夫のために服のコーディネートをするなど、懸命に支えてきたんです」(球界OB)

’06年の恐喝トラブルでは一億円を支払い、“もみ消し”に成功した原監督。だが、’09年4月に別の男性から「日記は自分のものだから返せ」と迫られて事件となり、やむなく球団と夫人に真実を打ち明けたという。不倫から21年目の謝罪だった。

「『長男の出産時、不倫をしていました……』という夫の告白を、夫人は黙って聞いていたそうです。それでも彼女は涙を飲んで耐えたのです。今回、世間に騒動が明るみになった原監督は、虚脱状態だったそうです。それでもすぐ練習に参加できたのは、“裏切り告白”にも耐えてついてきてくれた夫人の支えがあったからでしょう」(球界OB)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング