美元 1億円要求報道を否定「提案されたのは引越し代と90万円」

投稿日: 2012年07月03日 00:00 JST

夫・高嶋政伸(45)と離婚裁判中の美元(33)が6月24日、所属事務所を退社すると報じられた。彼女は、6月9日に突然ブログを休止してしまっている。そこで話を聞くべく、都内にある舞台の稽古場から出てきた美元を直撃した。

6月1日の“直接対決”で高嶋は美元を一貫して拒絶していたが、彼女はきっぱりと離婚の意思がないことを主張した。なぜ、あくまで夫婦に希望を見出そうとするのか。裁判について聞こうとすると、「裁判に関することは何もしゃべれないのです」と表情が曇る。

――美元さんが高額の金銭を要求したというのは本当でしょうか?高嶋さんサイドが「離婚に応じれば解決金として5千万円出す」と提示したところ、あなたが「最低でも1億円」と言ったと(『週刊女性』7月10日号)報じられていますが?

「そんな話は、一切ありません!だって、調停に入る前に提案されたのは『今月中に離婚して家を出ていってほしい。それならば引越し代の実費と90万円を出す』という内容だったんですから……。そのときに書いたメモは、証拠として裁判所にも提出しています。調べていただければわかります!」

全面否定だった。主張は食い違い、思いはすれ違ったままだ。美元にとっては、判決の結果よりも、「自分が言っていることがウソではない」と認められることが重要のようだ。事実無根のことばかり言われていては納得できないということだろう。

美元は幼い頃に母親が自殺してしまっているため、現在は父親と2人で暮らしている。父親との生活について聞いてみると、「父は心配だと思いますが、離婚のことは何もふれてきません。でもいまが人生でいちばん父親と仲がいいと思います」

直撃した翌日は、美元の33歳の誕生日だった。これまで誕生日には友人を招き、盛大にパーティを開いてきたが……。今年の予定について聞くと、彼女は寂しそうに微笑んだ。「今年の誕生日は何も予定がないので、父と静かに過ごします。夜は、幼なじみが来てくれるかもしれません」

小さく会釈し背を向ける。33歳。女の厄年は前途多難だ。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング