高嶋政伸 “夜の神社”に極秘参拝「離婚が成立しますように…」

投稿日: 2012年07月10日 00:00 JST

7月上旬の午後7時過ぎ。都内の神社に一台の車が止まった。運転席から降り立ったのは高嶋政伸(45)だ。すでに本堂の扉は閉じていたが、中へと入っていく。7月27日に美元(33)との次の離婚裁判が控えているため、“必勝祈願”に訪れたのだろうか。参拝をすませると車に乗り込み、そのまま都内の自宅マンションへと帰っていった――。

その数日後の午後6時ごろ。加圧スタジオに彼の姿はあった。2時間トレーニングで汗を流して出てくると、ゆっくりと歩きだす。そのまま近くの書店に立ち寄ると、週刊誌の棚へ足を運ぶ。手に取ったのは、なんと『女性自身』!7月3日に発売された本誌の表紙には『本誌に激白!!美元“慰謝料”90万円』という大きな見出しが。本誌を凝視した高嶋は、結局ページをめくらずにそっと棚へ戻した。

さらに翌日も、午後2時ごろジムでトレーニングを終え、コンビニで買い物をしていた高嶋。身の回りの世話をしてくれる人はいないのか、45歳にして寂しき“おひとりさま”生活を送っているようだ。コンビニから出てきたところで声をかけると、動じることもなく柔らかい表情で取材に応じてくれた。

『週刊女性』7月10日号では、「高嶋側が離婚に際し解決金5千万円を提示したところ、美元が『最低でも1億円』とした」と報じられていた。これについて聞いたところ「ないですね」とキッパリ否定。さらに美元が本誌の取材に語った「彼が提示したのは、引越し費用と90万円だった」という内容についても聞くと、「それ、記憶にないんです」と答えるのみだった。

――身の回りの世話をしてくれる人はいないのですか?

「特には……。今は、一人暮らしで、食事は外食かお弁当ですね。だから、早く離婚が成立してくれればと思います。裁判を終わらせて健全な精神を取り戻し、役者として精進したいというのが正直な気持ちです」

――美元さんとの復縁はないということでしょうか?

「ないですね。僕は裁判をする際、『芸能人として仕事がなくなるかもしれない』と思いました。それでも覚悟を決めて裁判を起こしたんです。だから修復は120%ないです」

最後に、高嶋にとっての“今の夢”は何かと聞いてみた。

「離婚成立、ですかね(笑)。その先は……普通に暮らしていきたい。役者業に専念して、そしてゆっくり生きていきたいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング