貫地谷しほり びしょ濡れロケ現場で芽生えた「サバイバル魂」

投稿日: 2012年07月14日 00:00 JST

7月14日から、映画『ばいかじ南海作戦』が公開される。仕事にもプライベートにも煮詰まってしまった男、阿部サダヲ(42)演じる佐々木が向かったのは美しい南の島だった。そこで出会う関西から来た2人組の女性のひとり・アパを、貫地谷しほり(26)が演じた。

原作は椎名誠の同名小説で、現代版『ロビンソン・クルーソー』とも評される傑作だ。南の島のように明るい性格のアパだが、西表島での撮影は天候に左右され、南の島の大自然を堪能……とはいかなかった模様。

「そうなんです。『あ、雲が来ている』と思った10秒後には土砂降り。曇りの日はまだいいほうで、スコールで大雨に降られてしまう日も多くて。なので、完成作を見て『きれいに風景が切り取られていて、よかった』と思いました。カッパがいくつも必要になった、けっこうサバイバルな撮影だったんですよ」(貫地谷)

そんな彼女に、今後、プライベートで挑戦したいものは何かと聞いたところ、こんな返事が。

「映画の中で、キャンプをするシーンがあって。私も友人と、キャンプに行ってみたいです。少しづつ道具を買い揃えているので、今年はどこかで実現させたいですね」(貫地谷)

映画の全編に漂うのは、ほのぼのとした空気。南の島まで行かなくても癒されてしまう、そんな作品に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング