福見友子「2歳で父と死別…」女手一つで育てた母との絆

投稿日: 2012年08月01日 00:00 JST

「友子ちゃんが2歳のころに、お父さんを交通事故で亡くされてから、お母さんが一生懸命に育ててこられました。ですから、お母さんは『小さいころから娘とは一心同体で一緒に喜び、負けたら一緒に落ち込むんです』と話していました」

女子柔道48キロ級で初めての五輪に挑んだ福見友子選手(27)の親族は、母娘の絆をこう明かした。小学2年で柔道を始めた娘を、シングルマザーの早苗さん(56)はいつも温かく厳しく見守り続けた。食べ盛りの中学、高校時代、階級を維持するための減量で、冷蔵庫の前で涙を流して我慢する娘を見ても、早苗さんは「もうやめなよ」とは言わなかった。

これまでずっと五輪に出場できなかったのは、同じ階級に谷亮子(36)という大きな壁が立ちはだかっていたからだ。だが、含みは谷亮子を2度も破っている。初めて谷に勝ったのは、高校2年のときだった。しかし、その後の’07年に再び谷に勝利したのものの、実績を理由に北京五輪の代表には選ばれなかった。

母は、今回の五輪出場を「娘が代表になると確信していましたから」と話している。前出の親族はこう続ける。

「友ちゃんはテレビでも言っていましたが、“お母さんのためにも金メダルを取りたい”という気持ちは強いと思いますよ。お母さんは『ケガだけはしないようにね』と言って、ロンドンへ送り出したそうです。立派なお母さんですよ」

娘の応援のためにロンドンに旅立った早苗さん。彼女が、娘について話した言葉は力強かった。

「心配は全然していないですよ。だって、柔道が命みたいな子ですから。今まで『世界一になって金メダル取りたいです』っていろんなものに書いていました」

惜しくも届かなかった金メダル。しかし、最初で最後に立つことができた五輪の晴れ舞台は、ロンドン五輪後に引退表明している彼女にとって、母への大きな恩返しとなったことだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング