イチロー 白髪急増に不眠症「野球が楽しくない」と漏らす

投稿日: 2012年08月01日 00:00 JST

イチローは移籍前に漏らしていたんです。『野球をやっていても少しも楽しくないんだ。達成感が得られないんだ』とね」(米国在住のスポーツジャーナリスト)

7月23日、イチロー選手がシアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースへ電撃移籍をした。11年半のマリナーズ時代、メジャーリーグの歴史に残る偉大な記録をイチロー自身が達成していく一方で、チームは万年下位の成績に低迷していた。自分が頑張って好成績を残しても、チームの順位は上がらない。そんなイチローの悶々とした日々を支えたのが8歳年上の弓子夫人(46)だった。

「他球団への移籍を模索するイチローに、5年前の再契約の際、弓子夫人は言ったそうです。『もう少しだけ頑張ってみようよ。だってあなたは、これほどシアトルのファンに愛されているのだから』と。それで彼もマリナーズ残留を決意したんです」(米国の野球関係者)」

しかしその後も、イチローのヒット量産と、チームの成績はつながらない。「イチローが時折マスコミに漏らす『もっと強い球団でプレーしたい』という言葉が同僚の選手に伝わり、反感を買ってしまいました」(前出・米国の野球関係者)。それもあって、イチローはチーム内でも孤立を深めていったという。

「イチローの髪に白いものが急激に増え始めたのは'10年のシーズンあたりから。そして彼はついに、不眠症に苦しめられるようにまでなってしまいました」(前出・米国の野球関係者)

このころを境にイチローの成績にも陰りが見え始め、'11年に就任した監督は若手中心のチームづくりを目指した。

「数カ月前、イチローの苦悩を見かねた弓子さんが『ほかの球団に行ってもいいのよ』と、救いの助言を口にしました。今回の移籍で、最後にイチローの背中を押したのは、弓子夫人でした」(前出・米国の野球関係者)

そして、ヤンキースへの移籍が実現。ワールド・シリーズでの優勝というイチローの最後の夢をかなえる戦いを、これからも弓子さんが支えていくことだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング