伊調馨 “3連覇”の夢に秘めていた韓国人婚約者との悲愛

投稿日: 2012年08月09日 00:00 JST

「3連覇もしますけど、自分のレスリングを貫きたいです」

 壮行会でこう宣言し、五輪3連覇に挑んだレスリング女子63㎏級の伊調馨(28)。

「実は、その陰には結婚目前といわれた韓国人男性との“悲恋”があったんです」(レスリング関係者)

 伊調の結婚報道が流れたのは、09年2月。お相手は韓国のレスリング元王者で、当時は韓国体育大学のコーチだったチェ・ワンホさん(当時32)。2人は07年春にアジア選手権で出会い、同年夏に伊調の韓国への“出稽古”で再会。

「その際、日本に留学経験のあるワンホさんは通訳を担当していました。江口洋介似のイケメンで、09年4月から伊調は半年間、姉妹でカナダ留学をするため、留学前に《両家で結納を交わした》とも報じられましたが・・・」(前出の関係者)

中学時代の恩師で『八戸クラブ』代表の沢内和興さんは、「当時、結婚が決まったら報告するように話したんですが、報告はありません」と話し、こう続ける。

「いままでレスリング漬けの日々を送ってきた馨には充電期間が必要でした。そこで私がカナダ留学を勧めたんです。環境を変えたかったようです」

 留学は結局、10カ月間に及んだ。その間に2人の交際に変化が生じたのだろうかーー。ワンホさんと親しい韓国レスリング関係者は、こう話す。

「いま、ワンホは、馨と交際も入籍もしていません。彼は現在も独身です」

レスリング関係者は「帰国後、姉・千春は10年春に故郷・青森の高校教諭になり、ロンドンを断念。一方、馨は男子選手に混じり、過酷な練習に没頭する日々に戻りました」と語る。結婚を断念し偉業に挑んだ伊調。悲愛を吹っ切ったその笑顔は輝いていた――。

【関連記事】

石川遼”婚約は事後報告"に父・勝美さんが苦言

大沢樹生が涙の告白!不妊治療3年で授かった長女が死産の悲痛
入江陵介 200m決勝直前に届いた「ハート付き女子メール」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング