美輪明宏 女子サッカー代表に「なでしこの名にふさわしくない」

投稿日: 2012年08月23日 07:00 JST

「ロンドン五輪でちょっと残念だったのは、なでしこジャパン。表彰台でのあの振る舞いは画龍点睛を欠きましたね。FIFAのブラッター会長からメダルをかけてもらいながら、観客とかテレビカメラのほうばかり向いて、Vサインをしていた選手が何人かいました。無視された会長さんも困惑気味な表情をされていましたよ」

自他ともに認めるスポーツウォッチャーでもある麗人・美輪明宏さんが、今回のロンドン五輪を独自の視点から総括してくれた。そこで飛び出したのが、女子サッカー・なでしこジャパンについての話だった。

「メダルをかけてくれる人に対して、礼も尽くさない態度。私はあれを見た瞬間に”なでしこ”という名前にふさわしくないと思いました。世界中に日本の軽さをさらしたのですから。”大和撫子”というのは、礼節をわきまえ、おごらず、引っ込みすぎず、出すぎず、謙虚でたしなみがある女性のことです。そして優しさや思いやりがあり、それでいて芯の強さを持った女性が、大和撫子を名乗れるのです」

勝負のときまでは強い絆で結ばれた女の友情、チーム愛が素晴らしかったのに、一部の選手があの表彰式で光に陰を落とした、と美輪さんは言う。

「国際大会に出るときは技術とか相手を研究する、勝ち負けも大事です。ただし、そればっかりではダメなのです。礼節を重んじることが、日本人が尊敬される所以であり、それさえあれば、たとえ負けてもみっともなくない」

そういう点で、美輪さんは澤穂希選手を偉いと思ったという。

「銀メダルを首にかけてもらうときも、ちゃんと会長さんの顔を見てニッコリ笑いながら”サンキュー”と言っていました。また決勝戦の試合終了後も、買ったアメリカの選手のところに行って、祝福の挨拶をしていました。つまり、何をするにもしても礼節が大事だということです」

【関連記事】

美輪明宏 領土問題に提言「礼節あれば日本は悪くないと思われる」

美輪明宏「年の差婚」について聞かれ「私はオールOK」
美輪明宏「みんな職業でやってる」とインチキ霊能者を語る

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング