"怪談の名手"稲川淳二をテレビであまり見かけなくなった理由

投稿日: 2012年08月24日 07:00 JST

稲川淳二(65)が、舞台で日本の怪談を語るトークライブ『怪談ナイト』を始めたのは20年前。近年は、日本最大級のロックフェスティバルにも出演し、ミュージシャンにも劣らぬ喝采を浴びている。全国を巡る怪談ツアーは、各地で10月まで開催される。

「昔、私が子供の時分は、夏だけにやってくるアイスキャンデー売りのおじさんとか、季節を感じられるものがあったんですよ。でも今の時代、そういう楽しみがなくなっちゃって。だったら、自分がやっちゃおうと思ってね。毎年、冷やし中華の張り紙を見ると『そろそろ出番かな?』って出て行くのよ(笑)」

45歳でツアーを始め、ちょうど10年たったころ初めて「10年後」を意識したという。そこで、タレントとして活躍し週に何本ものレギュラー番組を持っていたが、テレビの仕事を控える決断をした。

「テレビの世界で60歳までがんばって、体がボロボロになってから『さあ、怪談』っていうんじゃ、ファンに失礼だと思ったんです。元気のあるうちに、自分にしかできないことをやりたい、と。ナンバーワンじゃなくても、オンリーワンになりたかったんですね(笑)」

自分の足でネタを拾い集めて作った怪談は、約400本。このたび、20年の偉業が認められ、第1回の公演が行なわれた8月13日が日本記念日協会から「怪談の日」として認定された。

「ありがたいですよね。『いつかこんな日が』と汗を流し、血を流し、苦労を重ねてきたんですよ! ここからがスタートだと思っています。怪談は年を取って、半分"向こう"の世界に足を突っ込んでいるような『爺ぃ』になってからのほうが、味が出てくるんです(笑)」

【関連記事】

ケンタロウ 事故から半年も「両手足麻痺で寝たきり状態…」

安めぐみ「夫・東貴博がイチャイチャしてくれないの」と愚痴
ミントで体感温度が4度下がる実験結果も…「体を冷やす生活術」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング