なだぎ武が恐怖する”自衛官出身俳優”今井雅之の「壮絶舞台訓練」

投稿日: 2012年08月31日 07:00 JST

10月7日から全国10都市を回る舞台『THE WINDS OF GOD JAPAN TOUR 2012』のチケット販売がスタートした。主演は今井雅之(51)となだぎ武(41)。現代に暮らす漫才師、アニキ(今井)とキンタ(なだぎ)が時空を超え、太平洋戦争末期にタイムスリップ、特攻隊員になってしまった2人は……。

本作は今井自らの原作・脚本・演出によるものだ。

今井「神宮外苑を汗ダクでランニングしてて、ふと『暑いなぁ。それでも走り続ける俺の前世は、特攻隊員やったんかな。会ってみたいなぁ、特攻隊員の自分に』という気持ちになって。それがきっかけで、元特攻隊の方々を取材して作ったのが最初です」

なだぎ「この作品が生まれたころの僕は『人生、引きこもってちゃダメだ』と思いながら、旅してたんとちゃうかな」

同舞台は今年で24年目。なだぎと同じ事務所の、宮川大輔や陣内智則もキンタを演じたことがある。

なだぎ「今井さんの噂、聞いてますよ。『稽古は楽しいよ。けど、肉体訓練がキツうて大変やで』って」

今井「いつもは毎日、腕立て伏せを100回、ランニングを10キロなんやけど、今年は7割くらいに減らすつもり。さすがに50歳を過ぎたら、自分がしんどなってきた(笑)」

なだぎ「それ聞いてもまだ、今井さんのイメージは”コワい人”。オール巨人師匠みたいなコワさですよ。新人のころ『片手でビールを注ぐな』とか叱られて」

今井「大丈夫。僕は酒の席ではおネエちゃんの話ばっかりや(笑)。演技にしても、なだぎ君はミュージカルの経験もあるから、心配してへん」

なだぎ「僕は、事前に役を作り込まないタイプなんです。みんなで稽古して、直感で生まれるものを楽しみたい、と」

アドリブが多くて、厳しいながらも楽しい稽古のようだ。

【関連記事】

震災→戦争→原発事故を生き延びた「100歳×101歳夫婦」の絆

ナイチンゲール 兵士を劇的に変えた「アメとムチ」の教育術
東山紀之 全裸準備オッケー!佳乃も後押し

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング