北斗晶 号泣ゴール!「間に合わないと言われ…」

投稿日: 2012年09月04日 00:00 JST

26日、日本テレビ系『24時間テレビ35 愛は地球を救う』のチャリティーマラソンで、佐々木健介一家が120キロを完走した。

アンカーの北斗晶(45)はゴール直前から涙を流しながら走り、残り230メートルで夫の佐々木健介(46)に寄り添われ並走。東京・日本武道館に午後8時56分に到着すると、長男健之介くん(13)次男誠之介くん(9)に両肩を抱えられた。北斗は号泣し、家族4人同時に同58分、ゴールテープを切った。

北斗は「みんな頑張って走ったのに、私がだらしない走りをしてしまってすみませんでした」と話し「間に合わないと言われ、休憩を飛ばしたりした。心折れそうなこともあったけど、家族や仲間の励ましでゴールできた」と振り返った。 

ゴール後に、司会を務めた『嵐』の大野智(31)は「家族のパワーを感じました」とねぎらいの言葉をかけ、家族と抱き合ってゴールを祝福した。健介は「今日ゴールできたけど、これからもリレーをつないでいきたい」と涙を見せた。(撮影:小山伸正)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング