パラリンピック車椅子陸上女子選手が「6歳息子に伝えたいこと」

投稿日: 2012年09月05日 07:00 JST

「息子は来年に小学校になります。これまでみたいに合宿に連れて行って、家族で何週間もいるわけにはいかなくなります。今回のロンドンがもう最後だと思って、私が一緒に連れて行きます」と話すのは高橋慶樹さん(38)。車椅子陸上の土田和歌子さん(37)の夫だ。

和歌子さんは、8月29日開幕のパラリンピック・ロンドン大会で日本選手団の主将も務めている。彼女のパラリンピックの最初の出場は’94年、アイススレッジでのリレハンメル大会。冬季では金2銀2の4つのメダルを獲得した。車椅子の陸上競技にも挑戦し、’04年のアテネ大会5000メートルで金メダルを獲得。冬夏の両方でパラリンピック金メダリストになったのは、和歌子さんが日本人初だ。

’04年のアテネ大会の翌日、当時の担当マネージャーだった慶樹さんと結婚。’06年に長男を出産した。息子は今『1』の番号に敏感だ。ヨーグルトのふたに記してある製造ラインの番号をチェックして『1』という数字が書いてあると、朝食のときに「お母さん、いちばんになるように頑張ってね」と和歌子さんに渡すという。和歌子さんは2日に5000メートルを終え(6位入賞)、9日の車椅子マラソンに出場予定だ。

和歌子さんが交通事故に遭ったのは高校2年の3月。高速道路で車がスピン。車外へ放り出された。腰椎骨折による脊髄損傷で、膝から下の運動機能を失ってしまう。

息子が3歳のときにこんなことがあった。保育園に迎えに行った和歌子さんに息子が、「お母さん、車椅子に乗らないで。自分で歩いて!」と言ったのだ。ほかのお母さんと違うことが恥ずかしい。そんな気持ちの表れだったという。そのとき和歌子さんは動じることなく「お母さんは脚が悪いから歩けないんだよ」と堂々と答えた。和歌子さんはそのときの気持ちを著書の『今を受け入れ、今を超える。』(徳間書店刊)に、こう書いている。

《障がいを持つ母親のもとに生まれた息子は、そのことを受け入れなければ先に進むことができません。けれども、息子が培った強さは、やがて『差別をしない』という優しさへとつながっていくことと私は信じています》《障がいがあることは生きていく上で障壁にはならない》

その思いを息子に伝えるために、和歌子さんはロンドンを疾走する。息子の”ママがいちばん”の願いを叶えるためにも——。

【関連記事】

悠仁さま「テレビはNHKだけ……」秋篠宮家の前例なき帝王教育

美輪明宏 女子サッカー代表に「なでしこの名にふさわしくない」
室伏広治 実母が生活保護生活も「援助はしない」の絶縁宣言

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング