吉瀬美智子22名が銃撃死…海外映画ロケ襲った「恐怖の夜」

投稿日: 2012年09月05日 07:00 JST

「撮影の終盤、ロケ現場近くで銃撃事件が発生したんです。大使館からの要請で、出演者は緊急帰国することになりました」(撮影スタッフ)

吉瀬美智子(37)、佐藤浩市(51)、西村雅彦(51)らが8月4日からパキスタン入りして撮影された、来春公開の映画『草原の椅子』。だが、8月16日、撮影現場となったパキスタン北部のフンザからほど近い町で、銃を持った複数の男がバス3台を襲撃。イスラム教シーア派22名が銃撃され、死亡する事件が起きたのだ。背景にはスンニ派との宗教対立があると見られている。そもそもロケは、スタートからトラブル続きだったという。

「初日は、飛行機で北部に現地入りする予定でしたが、飛行機が飛ばないというアクシデントに見舞われ、急遽、標高4千メートルの山脈を約30時間かけてバスで越えることになったそうです。撮影中には、女性の吉瀬さんに現地男性の視線が集中。日本の女性が珍しいのか、取り囲まれる事態もあったそうです」(映画関係者)

そんな撮影の終盤に待っていたのが、銃撃戦による”恐怖の夜”だった。東映の天野和人プロヂューサーは、当時をこう振り返る。

「大使館からの要請で帰国したのではなく、もともとその日はクランクアップの日でした。帰りの飛行機まで時間があったので、みんなでお酒を飲んでいると『空港に向かう道が封鎖されていて帰ることができない』と連絡が入ったんです。スタッフが大使館に問い合わせると『数名が銃撃され死亡した。いつでも出発できるようにしておいてほしい』と言われました。帰国後すぐに仕事が入っている方もいたので、役者さんからは『どうしよう、大丈夫かな……』と心配の声も聞かれました」

本来19時ごろには出発する予定だったが、結局、出発できたのは深夜2時ごろ。2台のバスにそれぞれ警察が付いたが、外は真っ暗で、みなピリピリしていたという。帰国後、吉瀬は自身のブログで《無事に帰国出来て本当に良かったです》と胸をなで下ろしている。

【関連記事】

池袋ラブホ不倫殺人 49歳女性が12歳年下上司を刺した理由

谷原章介 不惑の親孝行!74歳実父へ「6億円豪邸で同居提案」
なだぎ武が恐怖する”自衛官出身俳優”今井雅之の「壮絶舞台訓練」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング