小林幸子 『絆坂』作詞家が苦渋告白「延期のお詫びもない…」

投稿日: 2012年09月06日 07:00 JST

「僕がさっちゃんと初めて会ったのは『とまり木』(80年1月発売)でした。今回の詞を依頼されたのは昨秋、レコーディング開始は11月でした。年を越して、すべて収録を終えたときは全員、『さあ、今年はこの曲でやろう!』と大変な盛り上がりだったのに。どうしてこうなったのか、わからない……」

そう戸惑うのは、今年6月発売予定だった小林幸子(58)の曲『絆坂』の作詞を手がけていた、たきのえいじ氏(63)。今年3月、所属事務所の元社長を解雇した“お家騒動”で新曲発売は延期。8月20日には17年間所属した日本コロムビアを契約解除となったため、“幻の曲”に――。

レコーディング開始直前、彼女は医療関連会社社長の林明夫氏(50)と晴れて入籍。皮肉にも“お家騒動”に繋がっていくのだが、彼女から結婚報告はなかったという。
「もともと来年、彼女が芸能生活50周年を迎える節目で書いた“絆”の詞でした。何度か彼女と会って話し合いましたが、“結婚の絆”は聞いていませんでした・・・」

新事務所の社長となった小林だが、発売延期となっても、たきの氏に自ら事情説明や、曲が出なくなった“お詫び”を伝えることはなかった。
「レコーディング終了後、彼女とは会っていませんし、連絡もありません。1ヵ月ほど前に事務所から『またご連絡させて下さい』と伝えられました。本人から連絡がないのは、きっと悩んでいるからでしょう。話せばいろいろ解放されることもあるとは思いますが・・・」

 小林は今後は自分で創ったインディーズレーベルで活動していくというが・・・。
「どんな曲なのか、曲があることも聞いておりませんから何とも言えません。ですが、やっぱり周りの力も必要だし、どんなに有名な歌手でも俳優でもひとりでは仕事ができないので、たくさんの人の力が働いてこそ実りがあると僕は思います」

【関連記事】

小林幸子 6千万円支払いの陰で「事務所の貯金残高は70万円」

美川憲一 紅白復帰秘策は「小林幸子とお家騒動コンビ」結成
華原朋美 「昔のダメージがまだ残って…」〝38歳の男断ち〟決意した理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング