タクシードライバーは見た!「人気有名人の意外な車中姿」

投稿日: 2012年09月07日 07:00 JST

「僕にとって、タクシー運転手ほどいい仕事はないです」と話すのは直木賞作家・志茂田景樹さんの息子で、’09年からタクシー運転手に転身した下田大気さん。下田さんの人生は波瀾万丈だった。高校時代、矢沢永吉主演のドラマ『アリよさらば』でデビューするも、芸能人としては芽が出ず、その後、実業家や芸能事務所社長に転職しても結果を残せなかった。

33歳のとき、ようやく”天職”に出会った。もともと都内の道に精通していたことに加え、日々の反省点を日記に綴るなどの努力も実り、平均年収400万円の業界において800万円を稼ぐまでに成長し、このたび『タクシーほど気楽な商売はない!』(光文社刊)を上梓。そこで今回、タクシー誕生100年目に飛び出したカリスマ”タクシー運転手だから知っている”有名エピソードを、自身の体験やドライバー仲間の話をもとに紹介してもらった!

【なかなか降りない芸能人】マツコ・デラックス
「体が大きすぎて、乗るのに一苦労。降りるのも至難の業。引っ越しのとき、段ボールをギュウギュウ詰めにして押し込む、あの感覚と同じです。タイプの運転手だとチップを弾むらしいです」

【すごい変装】ローラ
「ドデカいサングラスに大きな帽子を被って、マスクをしています。宇宙人みたいな格好ですがしゃべるとすぐバレます」

【セクシーな服装】叶美香
「胸を出すセクシードレスを着て乗ってくることも。目のやり場に困り、頭が真っ白になって釣銭を間違える運転手が続出中です」

【金にすごくシビア】スギちゃん
「ワンメーターの距離で1千10円を出して、しかも10円が5円玉1枚と1円玉5枚で、ぜんぜんワイルドではありませんでした」

【紳士な芸能人】有田哲平
「女性を家まで送り、イヤらしいこともしません。逆に、車内でアプローチされてもスルーするくらい。『二次会に行こう』と美女から誘われても、『明日仕事だから』と断る姿も目撃されています」

【好感度タレント】有吉弘行
「テレビでは毒舌なのに、まったく毒もなく、運転手に嫌な感じ一つ与えません」

【関連記事】

マツコ エリカ様は「肝が据わってるか頭が悪いかのどちらか」

スギちゃん”自宅まで直撃取材”の記者へ「お礼参りに来たぜぇ!」
お笑い事務所の講師が明かす「売れる芸人」「消える芸人」の境界線

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング