浅野ゆう子 左半身麻痺の田宮五郎へ「私が手足になる」

投稿日: 2012年09月11日 00:00 JST

「田宮さんは、7月にリハビリ専門の病院へ転院しました。しかし、その生活は予想以上に過酷なものでした。彼の左半身には、いまも麻痺が残っています。脳がダメージを受けたことによる高次脳機能障害という状態で、感情の抑制が利かないこともありますが、不思議と浅野さんがいるときは、田宮さんも落ち着いていられるようです」(田宮の知人)

残暑厳しい8月末、都内のリハビリ専門病院に、浅野ゆう子(52)の姿があった。17時ごろにタクシーで病院へ乗りつけた浅野は、バッグを肩から下げ、紺のニットに七分丈パンツ姿。黒い帽子を目深にかぶり、大きなマスクをつけて足早に院内へと入っていく。向かった先は、4月12日にくも膜下出血で倒れた田宮五郎(45)のもとだった。

2人の極秘交際をスクープしたのは、本誌6月26日号でのこと。交際が報じられると、浅野はマスコミ各社へのFAXで『私の良き理解者』と田宮との交際を認め、《田宮さんは今、『生きていきたい』と前向きに信念を持ち、懸命に病と闘っております》と綴っていた。突然の悲劇から間もなく5カ月。今も必死にリハビリを続ける田宮のもとへ、彼女は通い続けている。

「くも膜下出血の後遺症なのでしょう。会話が嚙み合わなかったり、声のボリュームを調節することが難しいなどの症状が出ているみたいです。早く復帰したいのに思うように体が動かない。イライラが募るあまり、病室内では『なんでなんだよ!』と病院スタッフに対して怒号を浴びせることもあったそうです」(前出・田宮の知人)

そんな変わってしまった彼の状態を、浅野も病院の先生から聞いているはず。だが、この約5カ月間、彼女がつらい顔を見せているところは見たことがないと前出の田宮の知人は話す。

「強い女性です。もともと芯のある方でしたが、今回の闘病を受けて、さらに決意を新たにしたようです。涙をこらえながらも、『私があなたの手足になる!』と言わんばかりに、彼の世話を率先して買って出ているみたいです」

一日も早い社会復帰に向けて奮闘する田宮。そのそばには、いつも涙をこらえて笑顔を浮かべる浅野が寄り添っている——。

【関連記事】

浅野ゆう子 「田宮五郎と同棲し結婚も公言していた」と近隣住民

浅野ゆう子 極秘交際恋人が“クモ膜下出血”で「涙の献身看護」
市川染五郎 父・幸四郎がひた隠す「特別室の重篤姿」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング