『踊るFAINAL』に続編計画!?「続けたい…」と織田裕二

投稿日: 2012年09月11日 00:00 JST

「8月下旬の昼下がり。映画の公開直前で多忙な時期でしたが、織田裕二さんは”恩人”が眠るお墓を密かに訪れたそうです」(芸能関係者)

映画『踊る大捜査線 THE FAINAL 新たなる希望』が7日、公開初日を迎えた。’97年の連続ドラマから始まって以来、映画や関連作品がヒットしてきた”踊る〟シリーズも、今作でいよいよ15年の幕を閉じる。長年主役の青島刑事を演じつづけてきた織田裕二(44)にとっても、この15年は複雑な”心の変遷”があった。

「織田さん自身はこのシリーズを9年前の『踊る〜2』(’03年)で完結させようとしていました。正確に言えば、’04年3月にいかりや長介さんが72歳で急死したことで、織田さんは続編製作を断念したのです。いかりやさん演じる和久平八郎は、青島刑事にとって父親のような存在でしたから、織田さんは『和久さんのいない”踊る”は意味がない』と思っていたようです」(フジテレビ関係者)

しかし、織田の決意とはうらはらに、周囲は続編を熱望。次々とヒットする大人気シリーズを、簡単にやめるわけにはいかず、何度となく続投のアプローチがつづいた。織田はそのたびに『いかりやさんのいない”踊る”なんて僕には考えられない』と首を縦に振らなかったという。

「しかしある夜、いかりやさんが織田さんの枕元に立ち『青島、いつまでも止まっていちゃダメだ。お前ならできる!』と、力強く励ましたそうです」(前出・映画関係者)

”天国からのエール”を受け止めた織田は、前作から7年を経て『踊る〜3』で再びスクリーンへ戻った。そして『踊る〜3』から2年が経ち、ついに迎えた完結編。しかし『踊る〜』との決別が近づくなか、織田はある思いを口にするようになったという。

「織田さんが『和久さんの年齢になった青島を演じてみるのは、どうだろう』と。本番の合間のたびに『定年まで勤めた青島はどんなふうになっているのかな』と言うんです。スタッフが『FINAL』の続編は出せませんよ、と言ったんですが、彼は『でも、続けたいんです』と不満そうでした……」(前出・フジテレビ関係者)

公開直前の極秘墓参で、織田は『踊る〜』”続編”への思いをいかりやさんの墓前に伝えたことだろう。FINALを迎えても、織田の『踊る』への熱い思いは消えそうもない――。

【関連記事】

織田裕二 『踊るFINAL』も名ゼリフ「結構ある」

織田裕二 柳葉敏郎とバトル再燃で『踊る4』共演シーンが白紙に
織田裕二「室井さんと絡み増やす」と『踊る4』極秘進行中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング