衆院選前に知っておきたい「インチキだらけの永田町用語」

投稿日: 2012年09月24日 07:00 JST

「近いうちに解散」——野田佳彦総理のこの発言で、民主、自民、公明の3党合意が成立し、消費税法案が可決された。ところが、ある与党ベテラン議員によれば「永田町で『近いうちに』というのは、『永遠にない』に等しい」という。そこで、数ある"永田町用語"について、ベテラン議員にホンネで解説してもらった。次の選挙で騙されないためにも、こんな言葉を使う候補者には要注意!

●「遺憾に思います」——決してよいこととは思わないが、だからこうするとまで言わなくてすむ、便利な言葉。たとえば、韓国の李明博大統領の竹島上陸を「遺憾」だと言ったら、「肯定はしません。だからといってどうするかという話は、今ここでは言わないし、言えない」ということ。

●「ただちに影響はない」——原発事故後、枝野幸男官房長官(当時)が会見でよく使っていました。これは最近の永田町用語。「近いうちに」と同様、いつかは分からない。先送り、責任回避の言葉です。要は「私にも分からないから、どうこう言われても困る。先のことまで責任は持てません」という意味です。

●「前向きに検討します」——「たぶん無理ですが、いちおう聞きましたよ」という意味。その場では相手の顔を立ててあげるときに使います。「前向きに善処する」は、少し希望を持たせる場合に使います。有権者の陳情を、にべもなく断って票を減らすわけにはいかないので、選挙が近くなると、政治家が空手形のように乱発する言葉。でも結局は、ほとんど善処なんてしません。

●「郷土を思う気持ちは誰にも負けません」——こういうことを言う奴は、あまり地元に帰らない議員に多い。元首相の大物議員がよく使う言葉です(笑)。「東京に大きな家を持っている」という意味でしょう。

●「粛々と」——真面目にやっていますが、誰も見てないので証明できない。つまり「本音はやる気はない」という意味です。

【関連記事】

野田首相 番記者へのオフレコ発言「李大統領は歴代で最低!」

小沢一郎”造反妻”が企てる出馬計画「あの人は私が選挙で倒す!」
田中直紀防衛相「野党の攻撃なんて妻に比べたら屁でもない」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング