小田和正 実父死去していた!兄が語った「臨終の父子対面」

投稿日: 2012年09月25日 00:00 JST

9月15日、大阪市で行われた野外ライブのステージに立った、小田和正(65)。ゲリラ豪雨も見舞うなか、終盤に登場した小田は、総立ちの約7千人の観客に迎えられ、大ヒット曲『ラブストーリーは突然に』などを熱唱、会場はこの日いちばんの盛り上がりを見せた。

その5日後、誕生日を迎え、65歳のいまも音楽シーンの第一線を走り続ける小田だが、私生活は謎に包まれている。
「実は、お父さんが亡くなったと聞いています。コンサートのMCでオフの話題をするくらいで、私生活については触れない方なので、お父さんが亡くなったこともごく身近な人しか知らないようです」(長年のファン)

家族については、08年1月に一部報道で“実父との確執”も報じられたことがあった。その記事によると、横浜で薬局を経営する父・信次さんは、長男に薬局を継がせ、二男の小田を医者にするつもりだった。だが、小田は父の期待に背き、早大大学院を卒業するや音楽の道へ。信次さんは『何を考えているのか』と嘆いていたという。

横浜市内にある実家の『小田薬局』に行ってみると、店頭には《休業》の張り紙が。
「信次さんは、数年前に亡くなりました。薬局は数年前に閉めたっきりです。信次さんの長男が後を継いでいたんですが……
(同じ商店街の店主)

父親の信次さんは08年5月26日に94歳で亡くなっていた。秋分の日を控えた週末、実家の薬局を継いだ小田の実兄・兵馬さん(66)が、本誌の取材に応じてくれた。
「お袋が亡くなってからも、親父は逗子の家に一人暮らしをしていました。しかし、体が弱った晩年は施設に移ったんです


 急の知らせに兵馬さんが病院に駆けつけた時は、信次さんはまだ意識があったという。
「親父は病床で『和正はどこだ?』と聞くので『もうすぐ着くよ』と伝えると、父は安心したのか『そうか、それじゃあちょっと寝るわ』と言って眠りました。それが親父の最後の言葉になりました…」

当時、小田は07年に出したアルバムが史上最年長でオリコン1位を獲得。08年4月から約半年に及ぶツアーの真っ最中だった。
「その日、和正はたまたま東京にいたんです。電話すると車を飛ばしてやって来ました。
和正が病室に着いたとき、父は呼吸はしていましたが、意識はほとんどなかったと思います。ですが、和正が来たのがわかったのか一瞬、微笑んで頷いているようでした。私も和正も、親父が生きている気がして『寝てるんだろ?』と話していました。息を引き取ったのは、深夜2時になる前です。老衰でした」

 信次さんは、小田の到着を待っていたかのように、穏やかに天に召されたという。
今は天国から、愛息の伸びやかな歌声を笑顔で聴いていることだろう。

【関連記事】

尾崎紀世彦 急逝2カ月前”最後のライブ”で語っていた想い

氷川きよし 『恩人』長良さんに感謝「氷川きよしの全てです」
太田光 母が語った「主人は最期まで光を気にかけて…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング