「腐ったミカンじゃない!」の直江喜一がイジメに物申す!

投稿日: 2012年09月27日 07:00 JST

「‘11月に主演舞台があるのですが、開演は午後7時半にしてもらったんです。5時半まで会社があるので(笑)」

こう語るのは『3年B組金八先生第2シリーズ』(‘80年・TBS系)の加藤優役だった直江喜一(49)。「おれたちは腐ったミカンなんかじゃない!」の名台詞で知られる直江は30歳で役者を引退し、建設会社に就職。現在は営業所長を務めるサラリーマンだ。今回、19年ぶりの本格的な芸能活動再開に当たり、会社勤めを終えた夜に話を聞いた。“伝説の不良少年”も、建設現場で鍛えられ、ややふっくら。貫禄はたっぷりだ。

かつては“加藤優”のイメージが強すぎて、俳優として仕事に恵まれず引退したとも報じられた。

「僕自身は役のせいだとは思っていません。単純に当時は仕事が少なくて、ペンキ塗りのアルバイトをしながら役者をやっていました。バブルの終わりごろ『あと1本仕事がきたらやめよう』と決めて、そのとおり役者をやめ、サラリーマンになったんです。建設業の会社が拾ってくれて、僕の人生が変わりました」

警察に逮捕される伝説のシーンがいまも思い出される、加藤優。そんな札付きのワルを演じた直江は、最近の“いじめ問題”についてこう語る。

「僕も加藤を演じた当時、街でからまれたりしましたね。説明しても、そもそも話が通じない相手ばかりだった(笑)。いまの子供たちには、勇気をもっている子が少なくなっちゃったのかなと感じますね。いまの時代だと、加藤優がいても浮いちゃうだけかも。彼は、古きよき“昭和の番長”ですから」

最後に今後の抱負を聞いた。

「これからは、舞台やライブを10年くらいはやっていきたいです。いつまでも“金八の加藤”じゃないですから。お客さんに喜んでもらえるものをお見せできるよう、レベルアップを目指して頑張っていきたいですね!」

【関連記事】

娘がいじめ自殺…隠蔽学校と闘う母「執念の4千日」

いじめ自殺で子どもを失った親「作文の内容開示に9年の歳月」
紳助 迫るXデー!「解散選挙前には復帰させたい」と吉本幹部

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング