神田うの 子連れ現場入りで囁かれる「第二のアグネス論争」!?

投稿日: 2012年10月05日 07:00 JST

《連れて行けるお仕事現場にはシッターさん連れで連れて行ったりしています。一昨日のラジオ収録にも連れて行きました。移動の車の中でも一緒にいられるので幸せです》(9月26日付ブログ)《昨日はこうのちゃんも連れて、ディズニージュニア開局カウントダウンイベントに参加していましたよ》(同9月27日付)

神田うの(37)が頻繁に”子連れ出勤”をしているという。オフィシャルブログにも、うのが”こうのちゃん”と呼ぶ愛娘との同伴出勤の様子が書かれている。昨年10月22日生まれの娘は生後11カ月で、もうすぐ誕生日だ。

「彼女は母乳育児を続けています。仕事場に連れていけば仕事の前後で、おっぱいをあげることができますからね。仕事中は、ベビーシッターが控室で子どもの面倒を見ています」(うのの知人)

うのの“子連れ出勤”宣言を、一般の子育てママはどう思っているのか?「仕事と育児の両立って大変ですよね。それを実践している彼女はすごいと思います」という賛成意見の一方で、「うのちゃんの自己満足という感じがします」という否定的な声も聞かれた。

24年前、子連れ出勤の是非が話題になったことがある。『アグネス論争』だ。当時、生まれたばかりの長男をテレビ局などに連れていっていたアグネス・チャン(57)に対して、働く女性たちから反発の声が相次ぎ、大論争に発展したのだ。当事者だったアグネス・チャンに話を聞いた。

「私たちの仕事は時間も不規則で、預けられない時間になることも多いですからね。うのさんのように注目されている方が、子連れでお仕事されるのはすごくうれしいことです」

アグネスは、長男が1歳半くらいになるまで子連れ出勤を継続。この論争がきっかけで、彼女はスタンフォード大学で学び直し、教育学の博士号も取得している。

「私のときは、テレビ局から『子どもを連れてきてもいいから出演してほしい』と、言われていたのです。その結果として『仕事を軽視している』とか批判はされましたけど、私は後悔していません」(アグネス)

また、会社として子連れ出勤を認めている授乳服メーカー「モーハウス」の代表・光畑由佳さんは、〝うの流スタイル〟に関して、次のように語る。

「子供を連れていくべきでない場所もありますし、周囲へのマナーも必要だと思いますが、神田うのさんのように、仕事場に子どもを連れていく方が増えると、後に続くお母さん方にとっても頼もしいですね」

出産、ブランド設立など、芸能界でのさまざまなブームの先駆者となってきた、うの。子ども同伴という彼女の働き方は、芸能界ママたちに意識革命を巻き起こすかもしれない——。

【関連記事】

倖田來未「産むのが怖い」相談に神田うのが渡した「出産中継DVD」

神田うの 倖田、ほしの…芸能界ママが「うの詣で」する理由
体重19キロ増の神田うの「お風呂で”乳首マッサージ”を…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング