黒柳徹子の赤面過去!「ピーコのススメで網タイツ姿に…」

投稿日: 2012年10月18日 07:00 JST

「一度ついたウソが変な方向に広がって、とんでもないことになっちゃう。とにかくセリフの応酬が面白くて、再演のとき、スタッフにカウンターで数えてもらったら、1公演で700回も笑いが起きた。大いに笑って、爽快になっていただける自信作です」

そう語るのは、10月18日から11月4日まで、東京『ル・テアトル銀座』にて上演の舞台に出演する黒柳徹子。彼女が年に一度、女優として取り組む海外コメディの舞台シリーズ26作目。今年は、’90年の初演以来「また見たい!」とリクエストが殺到している、ニール・サイモン作『ルーマーズ 口から耳へ、耳から口へ』でステージに立つ。過去には、セクシーな網タイツや特殊メークで”巨乳”になった作品もあった。

「舞台を見てくださった(ファッション評論家の)ピーコさんに『あんた、いいケツしてる!』と言われて、網タイツもいいかな、と。もちろん『お目にかけて大丈夫?』と、演出家さんに相談しました(笑)。今回はパーティの設定なので、衣装はロングドレスですが、ビーズの重さもあって動くのが大変。舞台上の5カ所のドア、その後ろに全部、モニターをつけてもらって、絶妙なタイミングで舞台に登場できるよう、工夫しているんです」

大量のセリフを覚え、機敏に動くパワーの秘訣は?

「本番中は食べすぎると集中できないので、口に入れるのは、糖分補給のための芋ようかんを1個だけ。それと、体の基本はやっぱり足腰ですね。ジャイアント馬場さんに教わったスクワットを毎日50回。それと貴乃花さんがテレビで披露していらした”四股”です。ぐーっと体を30秒、沈めるんです。20秒を過ぎたあたりで『もうダメ〜』と思いながらも、がんばっています」

テレビ歴は50年あまりになる黒柳。かつてはドラマでも活躍したが、現在、女優業はこの舞台のみ。そこにも彼女なりのこだわりがある。

「女優はドラマの役の印象で見られることが多いでしょ。トーク番組の司会者が、たとえば悪女のイメージがあったりしたらおかしいだろうと思って、『徹子の部屋』を始めるとき、ドラマの女優業は封印したんです」

貴重な”女優・徹子”の姿をお見逃しなく!

【関連記事】

ローラ 『徹子の部屋』タメ口出演舞台裏「黒柳さんに異変が…」

30周年『笑っていいとも!』でタモリが隠したい唯一の失態
「料理研究家の森崎友紀は下着エプロンで料理」Wikipedia真相を本人直撃

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング