11歳だった我が子の臓器提供を決意した夫婦「後悔はない」

投稿日: 2012年10月20日 07:00 JST

愛する子どもに「脳死」という診断結果が出たとき、あなたは「臓器提供」を決断できるだろうか?――改正臓器移植法により平成22年7月から、15歳未満の子どもの臓器提供が可能になった。だが、施行から2年たっても、子どもの脳死臓器提供は2例のみ。WHOの指針により「海外に頼る」ことが困難になるといわれているなか、今後も国内で提供者が増えなければ"救える命"が次々と失われていくことになる……。

「あと2カ月早く、ドイツに行くことができれば、息子は助かったかもしれない……。親として悔しくて、情けなくて、子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

こう声を絞り出すように語るのは、大阪府大東市に住む森本隆さん(50)と、妻の陽子さん(45)。隆さんがふと仏壇を見やると、脇には骨壷がある。墓も買ったが、どうしても入れられず、どちらかが死ぬまでこのままにしていようと決めたという。一人息子の康輝くんを亡くして8年たったが、その悲しみは今も薄れることはない。

康輝くんは心臓病のため移植しか生きる道がなかった。移植を待っていた小学3年生のとき、隆さんは康輝くんに臓器提供について柔らかい言葉で聞いてみた。すると康輝くんは「ボクは心臓をもらわないと生きていけないんだから、何かあったとき、あげないのはおかしいでしょ。使えるとこ、使こうて。何でもあげるでえ!」と真っ直ぐに答えた。そのリビングでの父と子の会話を、母の陽子さんはキッチンで聞いていた。

隆さんはその会話で「まだ小学生でしたが、移植の意味を十分に理解している」と感じたという。そんな康輝くんに引っ張られるように、両親も脳死と臓器提供について理解を深めていった。それから2年後。一家は当時ドイツにいた南和友先生と知り合えたことで、海外での手術を決意する。11歳の誕生日を迎えたばかりの康輝くんが、両親とドイツに渡ったのは'04年2月。無事に到着し、病院へ入った。しかし翌日、病状が急変する。康輝くんの心臓が止まったのだ。

補助人工心臓を付ける手術を受けるが、意識は戻らない。3日後――「脳死」と診断結果が出た。それを聞き、陽子さんは3年前に聞いたリビングでの会話を思い出した。そして「使える臓器は、何でもあげて――」と口にする。隆さんも同じだった。「後悔はしていません。最後の最後、康ちゃんの願いをかなえることができたんですから」。

まだあたたかい体に「よくがんばったね。最後にもう1回、がんばって」と別れを告げた。膵臓、腎臓、角膜が提供された。その夜、病院上空を離陸するヘリコプターの音を聞きながら、陽子さんは思った。

「ああ、行ったなあ……。この子が人の役に立てたんやなあ。もらった人のおしっこを出してあげるんだよ。よそ見しないで、ちゃんと見てあげるんだよ……」と。康輝くんの2つの腎臓、膵臓はすぐに別の患者に、角膜はアイバンクに提供され、次の命に受け継がれた。

【関連記事】

医療ジャーナリストが語る「身体の色でわかる病気のサイン」

あなたの卵胞はあと何個? AMH検査でわかる自分の「卵巣年齢」
推定患者305万人「親の認知症」早期発見チェックリスト

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング