安藤美姫「モロゾフを父と重ね…」叔母明かす引退宣言真相

投稿日: 2012年10月23日 00:00 JST

「美姫は東京と名古屋を行ったり来たりで、今はどちらにいるかわからないですね。本人は、来年は競技に参加するって言っていますし、ファンの人たちとは復帰したらみんなで応援しようねって言っているんですけど……」

今季のグランプリシリーズは欠場。来季限りでの引退を明言した女子フィギュアスケートの安藤美姫(24)。彼女の祖父が経営する愛知県名古屋市内のカフェレストランを訪ねると、叔母の山中愛子さん(45)が祖父に代わって店を切り盛りしていた。

7月、安藤はTwitterで《I born to die(私は死にたい)》などとつぶやき、関係者やファンたちを驚かせたことについて、叔母は「私もあれには怒りました。だから、メールで叱りましたよ。『皆が見ているものにこういうことを書いちゃいけない』って……。姉に知らせると知らなかったのですが、見てびっくりして美姫を叱ったそうです」と話した。

昨シーズンは競技生活を休み、世界のアイスショーに勢力的に出演。さらには東日本大震災の被災者のためのイベント『リボーン・ガーデン』は安藤自ら企画し、スケーターとしての新境地を開いた。ところが10月9日に今シーズンのGPシリーズ欠場を発表。理由は’06年のトリノ五輪直後から安藤を公私ともに支えてきたニコライ・モロゾフコーチ(36)の後任が見つからず、調整不足ということだった。かつて、モロゾフコーチとは恋人関係とも報じられたこともある。

「(2人の)結婚の話は全然、聞いてないですね。でも、本人同士はどう思ってたかは知らないですよ。ニコライとは、私たちも仲よくしていましたからね。家にも店にも来て、アメリカのニコライの子を預かったりもしました」(叔母)

安藤は彼女が8歳のときに父を亡くしている。交通事故だった。

「父親が死んだのが31歳。知り合ったときのニコライも31歳でした。美姫の心の中で父親とニコライが重なったんだと思いますね。男の人の力って強いですから。ニコライは美姫の”最愛の父親”代わりだったと思います」(叔母)

モロゾフコーチは、安藤の精神的な支えだったという。

「世界選手権で優勝できたのはニコライのおかげです。美姫も感謝しています」(叔母)

それだけに、彼が去ってしまったとき、彼女の心は折れてしまったのか。”2人の父”を失った安藤。この先、彼女が幸せを見つけることを信じたい——。

【関連記事】

安藤美姫 GPシリーズ直前に「専属コーチ不在」の異常事態

浅田真央「バツ3」コーチから二股オファーが来ていた
結婚式ではミニもロングも着たい!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング