連載中止の週刊朝日「謝罪」までのスッタモンダ内幕7時間

投稿日: 2012年10月23日 07:00 JST

10月18日14時20分。週刊朝日編集部は、『情報ライブ  ミヤネ屋』(読売テレビ)での橋下徹大阪市長(43)の会見を注視していた。『週刊朝日』(朝日新聞出版)誌上で始まったノンフィクションライター佐野眞一氏らによる連載『ハシシタ  奴の本性』をめぐる反論会見だ。しかし、その余裕が続いたのは『ミヤネ屋』がCMに入るまでだった。ここから、部員たちは怒濤の7時間を経験することとなる。

「CMに入った途端、抗議電話が鳴りはじめました。正直怖いと思いましたよ。橋下氏の会見のパワーを肌で感じた。会見だけ見た人には、週刊朝日が出自で人を差別していると聞こえますから」(朝日新聞出版関係者)

主に主婦層からの「出自で人を差別するのか」「100パーセント子会社のくせに」「朝日新聞の購読をやめる」といった抗議電話だ。「連載は読んでいただけましたか?」と問いかけても、「読んでない」という声が多かったという。記事の内容などどうでもいい。「橋下さんが言っている」の一点張りだった。橋下氏の怒りに呼応したかのような抗議。ここまでの反応を編集部は予期していなかった。

「最初、橋下市長が怒っていると報じられたときは、みな、よくあるトラブルと思っていました。『断固戦う』とも『謝る』とも聞かされてなかったのですから、編集部に抗議の電話がかかってきても、どう答えていいか戸惑いながら電話対応していた」(別の朝日新聞出版関係者)

ただ、18時時点でも連載続行の方針は変わっていない。担当編集から佐野氏へは何度も連絡が入っているが、佐野氏は謝罪文を出すとは聞かされていない。まだ、週刊朝日編集部には余裕があった。部員の見解は「前日まで取材拒否だった朝日放送がまぬがれた。朝日新聞だけの拒否なら耐えられる。様子を見て、次の連載までいけば世論も落ち着くだろう」というもの。だが、そんな甘いものではなかった。

週刊朝日編集部があるのは、朝日新聞東京本社7階。新館の8階には朝日新聞出版の社長室がある。社長は新聞からの出向、つまり新聞とのパイプが太い。別の朝日新聞出版関係者は、「編集長を含めた週刊朝日幹部が、あちこちと出入りしていました」と話す。そして、21時に河畠大四編集長名で謝罪コメントを出すことになる。

「編集部内でも寝耳に水でした。完全に上層部だけで決められたようで、みんなコメントが出た時点で知りました。謝罪したのは、やはり朝日新聞社に影響が及んだのが大きい」(週刊朝日関係者)

たった7時間の勝負で『天下の朝日』とのケンカに勝った橋下氏。完敗を喫した週刊朝日が謝罪コメントを出した翌日夜、連載の打ち切りが決定した。

【関連記事】

橋下徹に見る「相手を絶対に言い負かす」論戦テク5カ条!

橋下徹 安倍晋三へラブコールの陰で「前原誠司に極秘直談判」
橋下徹 国政進出でかかる莫大なお金の問題「すでに解決した」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング