小林幸子 3時間で帰宅…幸子米稲刈りに地元農家が大呆れ

投稿日: 2012年10月24日 07:00 JST

「突然、押しかけるように何の前触れもなく来られたので驚きました。3時間ほどで、すぐ帰られましたよ」(新潟県長岡市役所関係者)

10月2日、突如、新潟県長岡市を訪れ、“幸子米”の稲刈りを決行した小林幸子(58)。“幸子米”とは、新潟中越地震復興の一環として06年から始まった企画。毎年、幸子や所属事務所元社長、元専務らが、この地で田植えから稲刈りまでを手伝い、“幸子米”と名付けた無農薬のコシヒカリを収穫してきた。

昨年は、東日本大震災の被災地にも届けられた“幸子米”。今年も収穫を終え、小林は満足げだったという。だが、そのいっぽうで、地元住民からは批判の声が上がっていた。地元住民のひとりはこう語る。

「幸子さんは今年、田植えもしなかったし、収穫までまったく連絡をよこさなかった。その間、田んぼは、地元の婦人グループが耕してきたんです。しかし彼女たちにお礼もなく、ときどき自分のグッズを送ってきただけ。それでいきなり来て、ちょっと稲刈りをされても……。パフォーマンスに感じてしまいますよ」

“幸子田”所有者は地元選出の国会議員・長島忠美議員(61)。彼は今年4月、「この稲作は、小林さんと元社長と元専務の3人でやってきたもの。全員にご恩があるので、小林さんひとりの意向だけ受けることはできない」と田植えを望む小林の要請を断った。

「“幸子田”は、元社長や元専務が間に入って地元の折衝をしてきた。田植えや稲刈りも、彼女たちが一緒になって泥だらけで作業をしてきた。そうしたフォローがなくなったから、地元の人からすれば『冷たくなった』と感じたのでしょう」(レコード会社関係者)

稲刈り当日、小林の姿勢にはこんな声も上がっていた。

「稲刈りに来たというのに、彼女はほんの4束か5束ほど刈り取っただけだったそうです。同行した人は田んぼに入るのに長靴すら持って来ていなくて、靴下をはいたまま田んぼに入っていました」(長岡市山古志支所員)

【関連記事】

小林幸子 6千万円支払いの陰で「事務所の貯金残高は70万円」

小林幸子 地元イベント出禁で噴出「田中真紀子との絶縁33年」
小林幸子 民主党大物議員に「NHKとの和解」依頼していた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング