役所広司 「どんな最後を迎えるのか考えた」『終の信託』舞台挨拶

投稿日: 2012年10月30日 00:00 JST

関連キーワード

24日、都内で、第25回東京国際映画祭・特別招待作品『終の信託』の舞台挨拶が行われ、俳優の役所広司(56)、女優の草刈民代(47)、周防正行監督(55)らが出席した。

本作は、愛と死に直面した人間を冷静な視点で最後まで描ききった真のラブストーリーで、終末医療の現場で起こる生死をめぐる問題の数々が取り上げられている。

作中で重度の発作に苦しむぜんそく患者の江木を演じた役所は「沢山ある映画の中から、この作品を見に来ていただきましてありがとうございます。僕は、この作品を見たときに、自分はどんな最後を迎えて、どうやって誰に何を伝えていこうかを考えました。皆さんが観終わった後、ご家族で会話をされると、何か変わった絆ができるのではないでしょうか」と語った。草刈は「その人が生きてきた中の経験はみんな違うので、感じるものは人それぞれ。人生に何か影響を与えてくれる作品になったのかなと思います」と自信を見せた。

また、『大人の生ライブ舞台挨拶』と題して行われた今回、エンディングテーマを担当した種ともこ(50)が登場。同曲をしっとりと歌い上げた種は「誰もが死ぬので、自分のこととして観てもらえる映画だと思う」とPRした。(撮影:柴田悟)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング