尼崎事件角田被告の孤独な原点「両親から虐待受けていた」

投稿日: 2012年10月31日 07:00 JST

「彼女は、私の教師生活25年で担任した生徒のなかでも別格でした。どの先生も彼女を引き受けようとしないし、同級生も怖がっていました。でも当時は極悪というほどではなかった。警察に補導されるとしても深夜徘徊くらい。彼女は孤独だったんだと思います」

兵庫県尼崎市の「連続怪死事件」の主犯格とされる角田美代子被告(64)。中3時代の担任教師によると、彼女は左官を生業とする父と内職で家計を支える母の間に生まれ育ったという。当時は父親姓の「月岡」を名乗り、木造平屋の市営住宅に両親と3人で暮らしていた。だが、彼女はそこでネグレクトに近い虐待を受けていたようだ。担任教師はこう続ける。

「月岡が『ウチのお父ちゃんはお酒が大好きで、遊郭ばっかり行って帰ってこん』と私に言うんです。父親は、家庭を顧みる人ではありませんでした。母親は月岡の子育てに匙を投げているようで、娘の深夜徘徊についても『先生、何とかしてください』と言うだけ。さらには『私が言っても聞きません。先生が怒ってください』と頼んでくる始末でした」

警察、裁判所や鑑別所の世話になることもあったが、両親が迎えに行ったことは一度もなかったようだ。

「普通は、我が子が警察の世話になったら飛んでくるものです。でもそういったことは一度もなかった。彼女は家庭の愛情に飢えていたと思います。私は何とか更生してほしくて、何度も警察や裁判所に足を運びました。自分の家に連れて帰り、女房が風呂に入れてご飯を食べさせてあげたこともあった。教師人生でそこまで面倒を見たのは月岡くらいです」

その後も家にほとんど帰らず深夜徘徊を続けた美代子被告。中学卒業から半年ほどして同級生の兄と結婚したというが、それも結局、終わりを迎えてしまった。前出の担任教師はこう悔やむ。

「今、思い浮かぶのは、“家庭の愛情”がいかに大切かということです。両親のどちらかでもちゃんとしていれば、こんな大事件には至らなかったのかもしれません。誰かひとりでもあの子を叱り続けてくれる人がいれば、誰かその芽を摘んでやれなかったのか、と残念で仕方がありません」

放任という名の“虐待”を両親から受け孤絶するなか、成人した美代子被告は周囲の家族を解体するモンスターへと成長していった――。

【関連記事】

尼崎事件に長期化の声「角田被告の刑確定は早くて5年後」

尼崎事件裕福な家庭に育った角田被告「金に困った事ない」
尼崎事件「父は凄腕手配師…」報じられない角田被告の原点

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング