世界一の美女・吉松育美は”アイスクリーム中毒”

投稿日: 2012年11月02日 07:00 JST

10月21日、那覇市の県立武道館で開催された『第52回ミス・インターナショナル世界大会in沖縄2012』。15人のファイナリストの中から、佐賀県鳥栖市出身の吉松育美さん(25)がグランプリに決まったことを司会者は高らかに告げた。日本人がミス・インターナショナルの称号を勝ち得たのは半世紀以上の歴史で初の快挙だ。

世界一の栄冠に輝き、賞金200万円を手にした後、自身のブログで《自分を信じて努力してきてよかった》と心境をつづった育美さん。”自分を信じて”という言葉に嘘偽りはない。

「絶対に、世界を取るつもりでいました!」

本誌のインタビューに堂々と語った育美さん。旧来の”控えめ”な日本人女性のイメージとは違う、新時代のミス誕生だ。だが、その言葉の裏には、幾多のプレッシャーや挫折を乗り越えてきた日々の積み重ねがあった。彼女はこう振り返る。

「7年間ずっと、体をつくってキープしようと、いろんなダイエットを試してはリバウンドして失敗。すごく太ったりもしました。でも、その失敗からベストな体重維持の仕方を見つけました」

時間がないときは、自転車で移動したり、階段を使う。食事も無理な制限はしない。

「私はアイスクリーム中毒なんです(笑)。だから、ハーゲンダッツは毎日食べています。個人差はあるようですが、ストロベリーとバニラだけは、余計なものを吸収して外に出す働きがあるので太らないと、トレーナーに教わりましたので。ハーゲンダッツは重いでしょ。余計な空気が入っていないんですね。1日1個、週に5個くらいは食べてたかな。私、食べ物にストレスを抱えちゃうとリバウンドするタイプなので」

今後は、夢でもあった世界での活動が待っている。

「これからはみんなのために頑張りたい。『諦めなければ、きっと夢はかなう』ということを、とくに子供たちと、共有したいと思っています」

【関連記事】

ミス・インターナショナル 美の秘訣は「ストレスをためないこと」

叶美香 6年ぶりのフルヌードで見せた「とろけるボディ」
痩せない理由はここに!「間違いだらけのダイエット」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング