諸星和巳「寂しい。結婚したい…」と明石家さんまに相談

投稿日: 2012年11月08日 07:00 JST

「通常、芸人や女優が会場でスタンバイしてから、司会の明石家さんまさんとくりぃむしちゅーのおふたりが入ってくるのですが、この日はなぜか、諸星和巳さんが司会者と同じタイミングで入ってきたんです。なんでも収録直前まで、さんまさんに色々と相談していたそうですよ」(テレビ局関係者)

10月29日、17時からフジテレビの湾岸スタジオで『さんま&くりぃむの第13回芸能界個人情報GP』(11月10日オンエア)の収録が行われた。収録直前、さんまと出演者の諸星和己(42)の間で、“意外なやりとり”があったという。

「諸星さんは、かねてよりさんまのことを兄貴と慕っていて、何かと相談に乗ってもらっていました。しかしこの日は、真剣に結婚の相談をしていたそうなんです。『もう42です。独りは寂しいですよ』と言う諸星さんに、さんまさんは『結婚せえへんのか?』と聞きました。すると『したいですよ!でも相手がいないんです』と悩みを打ち明け始めたそうです」(番組スタッフ)

昨年12月、結婚観について聞かれた諸星は「41歳、家族、子供を持って違う責任を持って先へ進みたいというのはある」と答えていた。かつてはバレンタインに4トントラック38台分のチョコレートを貰ったと豪語するほど、“日本一のモテ男”だった諸星。結婚する気があるなら、相手はすぐに見つかりそうなものだが……。彼をよく知る人物はこう語る。

「実際、いまではそんなに相手はいないんですよ。諸星さんは結婚したがっていて、焦りも感じてるようですよ。仕事もパチンコ店の営業をするなど、以前と比べてかなり厳しいようですしね。なかなか単独で話題になることは少なくなってきました。ここへきて、電撃結婚となれば、話題にはなるでしょうが」

一方のさんまも、こんな本音を漏らしているという。

「近ごろ、さんまさんは口癖のように『結婚したい。老後が寂しいやろ……』と言っているそうです。これから2人が意気投合して、“婚活”を始めるかもしれませんね」(芸能事務所関係者)

【関連記事】

三谷幸喜 小林聡美と離婚から1年半…「まだ苦しい」と本音

塩谷瞬 号泣謝罪会見でよく見るとデニムに「DANGER」ロゴ
今くるよ「明石家さんまは日給700円時代から貯金していた」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング