EXILE・AKIRA 「誰もいない風呂場で泣いたことも…」

投稿日: 2012年11月16日 07:00 JST

「EXILEのオーディションに『はじめまして、お父さん』って、子供が現れたら確実にビビリますね(笑)」

元ヤンキーのホストの前に突然、息子を名乗る少年、進が現れる。重くなりがちな親子の問題をほほ笑ましく描いたのが、映画『ワーキング・ホリデー』だ。主人公のホスト、沖田大和を演じたAKIRAは、撮影中、本当の父親のように、進役の林遼威君と向き合った。本気で父親を演じていくなかで、彼自身、家族について気づくことが多かったという。

「撮影を通じて、自分の将来の家族像を考えました。映画のなかの親子みたいに、同じ人間として、対等な目線でいっしょに歩んでいける形が理想かなって。僕にも70歳近い父親がいるんですが、いまだに夢を追って頑張っている。いつか2人で、お互いの夢について語りたいと思います」

試練に直面し、学校に行くことを拒否する進を、大和は「明日が怖ーか?心配すんな、俺だって怖え。負けんじゃねーぞ」と励ます。AKIRAは、このセリフがとても心に残っているという。

「僕自身、泣きたいときは誰もいない風呂場で、ワーッと泣いたことがあります。でも自分の個性を信じて、それを曲げることだけはしませんでした。芝居だったら、自分はこのメッセージだけは伝えたいんだ、という気持ちを、作品のなかで全力で表現する。それができたら、きっと“明日に勝った”ことになると思うんです」

彼が伝えたいメッセージが、ガツンと伝わる本作。ぜひ、家族で見てほしい。

映画
『ワーキング・ホリデー』
監督/岡本浩一 11月17日(土)~、全国ロードショー

【関連記事】

AKIRA『第2の高倉健』?共演者から絶賛され照れ笑い

上戸彩 HIROとの新婚生活布団を購入?「ダブルサイズは私がもらう」
上戸彩&HIRO結婚!2人のコメントを全文公開

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング