米倉涼子演じるスーパードクター「腕は低レベル」と医師

投稿日: 2012年12月07日 07:00 JST

フリーランスの派遣外科医・米倉涼子がミニスカートでさっそうと大学病院を闊歩。つぎつぎと困難な手術をこなしていく『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系・木曜21時〜)。毎回視聴率17%超で、今秋のドラマ平均視聴率トップを快走中だ。

第1回放送の冒頭は次のようなものだった。

クラブで踊っている最中に倒れた男性を、居合わせた新人外科医・森本(田中圭)が腹部を触診するのだが要領を得ない。そこへ派手な容姿の女性が登場。「ダメよ、それじゃ」と無理やり患者を立たせ、ズボンとパンツを一気に引き下げた。下半身を凝視して、「鼠経ヘルニア嵌頓、救急搬送して」と告げる。その女性こそ、森本が勤務する大学病院に派遣されたフリーランスの外科医・大門未知子だった——。

米倉涼子が男の下半身に顔を突き合わせるこのシーン、ドラマの”つかみ”としては最高だったが、医師の米山公啓さんは「この程度の診断は研修医レベルかな。スーパードクター度は0点でしょう」と漏らす。それにしても大学病院に、”フリーランスの医師”なんているのだろうか?

「10年前はいませんでしたが、現在は医師の派遣会社が何社か存在するほど需要がある。おもに夜勤や休日診療の人手不足を補うためです。ただし大学病院にはいません」(米山さん)

では、ドラマのなかで大門未知子が披露した医療技術の”スゴ腕度”はどうなのか?全編を見終えた米山さんはこう話す。

「わかりやすい離れ業ばかりを並べているので、腕は低レベル、というのが実感。高度医療をおこなう本物のスーパードクターとはまったく別物だと思います。ただ”女医”という設定は新鮮ですね」

いよいよ未知子の過去が明らかになってきて、ドラマは佳境。今後どんなスーパーオペが飛び出すか、楽しみだ。

【関連記事】

ドラマ好調の米倉涼子 指名トレーナーは「イケメン限定」

主婦300人が選ぶ「診察して欲しい医師」TOP5に意外な名前
医師と一流シェフが作るドクターズメニューの調理法が凄い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング