安倍昭恵 夫不在でも完勝…2度目のファーストレディに意欲

投稿日: 2012年12月18日 00:00 JST

16日に投開票が行われた衆議院選挙。自民党候補者を応援するべく全国を回っていた夫・安倍晋三自民党総裁(58)に代わり、昭恵夫人(50)は地元・山口を駆けずり回って支持を訴えていた。

「総理大臣になるからには、選挙では完全勝利しなければ話にならない。しかし今回、安倍総裁は一度も選挙区に入ることができませんでした。昭恵夫人にとって、最初から最後まで夫抜きで闘うのは初めてでした」(政治部記者)

選挙終盤の14日、昭恵夫人の個人演説会には300人を超す聴衆が詰めかけた。そこで彼女は、5年前に潰瘍性大腸炎のため辞任した夫についてこう訴えた。

「前回、夫が総理だったころ、私はずっと傍で見ていました。本当に大変で、複雑な思いでした。もしまた総理になったら茨の道が待っている。それは夫も重々承知だと思います。それでも、このままでは(日本が)ダメという思いが強かったのだと思います」

力強い演説に、割れんばかりの拍手が轟いた。前出の地元紙記者はこう明かす。

「彼女は1年間のファーストレディとしての経験で『自分の中身は何もない』と痛感したそうです。他国のファーストレディは皆、何かを持っていたことにショックを受けた彼女は、その後、彼女は大学に入り直し、無農薬での農作物づくり、居酒屋のオープン、ミャンマー支援など、いろんな経験を積みました。彼女は『今度こそ他国のファーストレディたちと堂々と渡り合いたい』と雪辱戦に燃えているのと思います」

【関連記事】

安倍晋三夫人「竹島問題以降、韓流ドラマは見ていません」

安倍新総理でどうなる?給料「上がる業種」「下がる業種」
安倍晋三の国防軍公約にドン引き女性多数「国出るの声も」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング