安倍昭恵 夫不在でも完勝…2度目のファーストレディに意欲

投稿日: 2012年12月18日 00:00 JST

関連キーワード

16日に投開票が行われた衆議院選挙。自民党候補者を応援するべく全国を回っていた夫・安倍晋三自民党総裁(58)に代わり、昭恵夫人(50)は地元・山口を駆けずり回って支持を訴えていた。

「総理大臣になるからには、選挙では完全勝利しなければ話にならない。しかし今回、安倍総裁は一度も選挙区に入ることができませんでした。昭恵夫人にとって、最初から最後まで夫抜きで闘うのは初めてでした」(政治部記者)

選挙終盤の14日、昭恵夫人の個人演説会には300人を超す聴衆が詰めかけた。そこで彼女は、5年前に潰瘍性大腸炎のため辞任した夫についてこう訴えた。

「前回、夫が総理だったころ、私はずっと傍で見ていました。本当に大変で、複雑な思いでした。もしまた総理になったら茨の道が待っている。それは夫も重々承知だと思います。それでも、このままでは(日本が)ダメという思いが強かったのだと思います」

力強い演説に、割れんばかりの拍手が轟いた。前出の地元紙記者はこう明かす。

「彼女は1年間のファーストレディとしての経験で『自分の中身は何もない』と痛感したそうです。他国のファーストレディは皆、何かを持っていたことにショックを受けた彼女は、その後、彼女は大学に入り直し、無農薬での農作物づくり、居酒屋のオープン、ミャンマー支援など、いろんな経験を積みました。彼女は『今度こそ他国のファーストレディたちと堂々と渡り合いたい』と雪辱戦に燃えているのと思います」

【関連記事】

安倍晋三夫人「竹島問題以降、韓流ドラマは見ていません」

安倍新総理でどうなる?給料「上がる業種」「下がる業種」

安倍晋三の国防軍公約にドン引き女性多数「国出るの声も」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング