大河・綾瀬はるか 引き締まった身体の陰に「極秘肉体改造」

投稿日: 2012年12月20日 07:00 JST

NHK大河ドラマ『八重の桜』(来年1月6日スタート)の初回完成試写会で、主演の綾瀬はるか(27)は、次のように挨拶した。

「ようやく、第1話が完成して、いよいよ始まるんだなと胸が高鳴っています。八重役を全身全霊で演じ、頑張っていきたいと思っています」

着物姿の綾瀬を見た報道陣からは「痩せたんじゃない?」「体が引き締まった感じだね」といった声が聞かれた。実際、彼女は自然に体が絞られるほど、薙刀などの稽古はハードなものだったという。9月に、福島県の会津ロケからクランクイン。つづく茨城県のロケでは、戦闘シーンの撮影が行われた。

「八重は会津藩砲術師範の娘で、薙刀、砲術が得意な設定です。特に鉄砲は、男性でも持って走ると汗だくになるほど重い。綾瀬さんは重さ4キロもあるライフル銃を撃つシーンを撮りました。200名近いスタッフが参加しているうえ火薬も使うシーンですから、失敗は許されません。この日ばかりは『なんか、お腹が痛くなってきた~』と綾瀬さんも初めて弱音を吐いていましたね」(番組スタッフ)

綾瀬自身も、大河スタッフたちの期待に応えようと必死のようだ。重い銃を持ったり、ハードな撮影をこなすための体力強化は必須なだけに、稽古場でもストレッチや筋トレに励んでいる。

「片手をパイプ椅子に、もう一方の手を床について、ヒザをつきながら腕立て伏せを左右それぞれ30回、さらに腹筋を30回。両腕を後ろに組んで上下に動かす肩甲骨ストレッチもしています。ロケの時も、厚いシートを持参してホテルの部屋やロケ先で、ストレッチを欠かしません。会津ロケで、桜の大木に登るシーンがありますが、彼女は人の手を借りず、スルスルとみごとに登って驚かせたそうです」(別の番組スタッフ)

そんな綾瀬の“肉体改造”には、実家からもサポートがあるという。長丁場を乗り切るため、食生活にも気を配っている娘のために、野菜が届けられるそうだ。

「最近の彼女の食事は、野菜と鶏肉が中心のメニューだそうです。綾瀬さんの実家は広島の専業農家。この時期は、ほうれん草、広島菜、春菊、水菜の収穫期で、こうした野菜を実家から送ってもらっているようです」(芸能関係者)

【関連記事】

西島秀俊 大河・八重の桜「綾瀬はるかとは家族のようです」

綾瀬はるか “見た目年齢マイナス5歳”のヒミツは酢ダイエット! 
『大河』で母役演じる風吹ジュン還暦迎えても綺麗な理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング