浅野ゆう子 ずっと一緒…退院したカレを”京都ロケ先に同伴”

投稿日: 2012年12月24日 07:00 JST

「退院には、恋人の浅野ゆう子さんも付き添ってくれたそうです。彼の姿を見る浅野さんは喜びで涙ぐんでいたそうです。ここまで長かったですからね……」(前出・田宮の知人)

「女性自身」6月26日号でスクープした浅野ゆう子(51)と田宮五郎(45)の真剣交際。当時、今年4月からくも膜下出血のため入院していた田宮を、彼女は献身的に支え続けていた。そんななか、彼がようやく退院したのだ。浅野の喜びはひとしおだったという。

「2人の交際は5年ほどになり同棲中とも聞いていましたから、彼が突然歩けなくなったことへの浅野さんのショックは計り知れなかったでしょう。それでも、彼女は泣き言ひとつ言わなかった。多忙のなか、ほぼ毎日病院を訪れて彼の着替えを届け、たまった洗濯物を持って帰るなどの身のまわりの世話を続けてきていたんです」(芸能関係者)

緊急入院から3カ月後の7月にリハビリ専門の施設へと転院した田宮。そこでも彼を支える浅野の姿があった。

「左半身に麻痺が残り、車椅子での生活が続いていました。また、脳がダメージを受けたため、高次脳機能障害という状態だったそうです。後遺症から感情の抑制が効かず、大きな声を出したり周囲に苛立ちをぶつけることもありました。しかし、浅野さんがいるときだけは、彼も落ち着いていられるようでした」(前出・芸能関係者)

田宮を支えるため、浅野は“ある決意”をしていた。

「浅野さんは、趣味のテニスやゴルフをきっぱり辞めてしまったんです。ここぞというときに彼のため100%の力を発揮できるよう、たまのオフの日にも外出せず、余計な体力を使わないようにしていたそうです。必死にリハビリに挑む田宮さんを見て、『復帰するまでずっと一緒に』と覚悟したのでしょう」(テレビ局関係者)

退院の日、浅野は京都でドラマ撮影期間中のまっただ中だった。しかし彼女は、それを中断して東京に戻り、田宮のもとへと駆けつけたという。

「実はその後、彼女は田宮さんを連れてロケ先の京都に戻ったみたいです。ロケ先までリハビリ中の彼を連れて行くなんて少し意外でしたが、2人で快気祝いの京都旅行も兼ねていたのではないでしょうか。冬の京都もなかなかキレイですからね。ずっとリハビリ施設の中にいた田宮さんにとっても、いい気分転換になると思いますよ」(前出・田宮の知人)

京都から近い兵庫県神戸市には彼女の実家もある。田宮を支える環境としても都合が良かったようだ。

【関連記事】

田宮五郎 極秘退院していた!「杖を使って歩けるように…」

http://jisin.jp/news/2554/4718/
浅野ゆう子 「田宮五郎と同棲し結婚も公言していた」と近隣住民

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング