リハビリ中のKEIKOが涙した盟友SAMからの差し入れ

投稿日: 2013年01月11日 07:00 JST

「自宅近くの商店街を散歩している途中、聞こえてきた歌に、KEIKOさんが『これは、何ていう曲なの?』と、小室さんに質問することもあるそうです」(音楽関係者)

 歌手のKEIKO(40)がくも膜下出血で倒れたのは’11年10月。12月の退院後は、夫の小室哲哉(54)が献身的に彼女のリハビリをサポートしてきた。

 一時、KEIKOは記憶障害で自分が歌手だったことも忘れていた時期もあった。彼女の回復が進み始めたのは、TRFのSAM(50)から贈られたDVDを見始めたことも、きっかけになったという。

「KEIKOさんはSAMさんから『リハビリに使ってね』と差し入れられた『TRF EZ DO DANCERCISE』のDVDを見ながらリズムをとって体を動かしたりしています。秋ごろから彼女は”自分が歌手だった”ということを思い出しはじめたそうです」(KEIKOの知人)

 盟友のSAMからの”励まし”に、夫婦揃って涙を流して喜んだという。

「彼女は、歌番組をみながら、知っている曲をくちずさんだり、調子の良いときはカラオケで歌ったりすることもあるそうです。小室さんは’13年こそ『KEIKOのために曲を書いてglobeとして一緒に歌いたい』と考えているようです」(前出・音楽関係者)

【関連記事】

KEIKO 夫・小室哲哉と励むリハビリ秘訣は「Wiiで汗だく奮闘」

華原朋美 “ふっくら報道”にショックで「5キロやせました」
小室哲哉 妻KEIKOを励ますために「新曲作り」を計画中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング