八重の父役の松重豊 遅咲き原点は甲本ヒロトと餃子店バイト

投稿日: 2013年01月18日 07:00 JST

《松重豊くんへ。上京して下北沢で同じ中華料理店でバイトに入った日が一緒で、10代の僕らが仲良くなるのに時間は必要ありませんでした。僕はバンド、豊は芝居の道を歩き始めたばっかりでした。そこからお互いの夢を語り合ってた日がずっとあったね。お互い夢をこれからも続けていこう!》

 
手紙をこう読み上げたのはザ・クロマニヨンズのボーカル、甲本ヒロト(49)。5日の『土曜スタジオパーク』(NHK)にゲスト出演した松重、甲本とは30年来の親友だという。

「今思えば、ユタカやヒロトを排出した当時の『みん亭』は、藤子不二雄さんや赤塚不二夫さんを生んだトキワ荘のような存在だったかな」と語るのは、『みん亭』オーナー夫妻の長女・二瓶真弓さん(48)だ。

  松重は82年に明治大学文学部演劇学科に入学。ほどなく、下宿近くの中華料理店『珉亭』でアルバイトを始めた。松重はブログでこの店への思い入れを熱く綴っていた。

《実を言うと、僕の体の80%は中華料理でできてる。大学入ってすぐ下北沢の『珉亭』というラーメン屋で働いていたのよ。おかげでねぇ、僕は餃子を巻くのが得意です》(07年11月2日)

昨年、『孤独のグルメ』(テレビ東京系)で初主演を掴んだ松重。遅咲きの彼は、今でも当時の縁を大切にしているという。

「92年に亡くなった創業者の父は町内会や商店会の世話役をしていて、1千人もの弔問客が来てくれました。中にはユタカやヒロトの姿もありました」(真弓さん)

  真弓さんは現在、『みん亭』宇都宮店を夫・二瓶智彦さん(54)と切り盛りしている。実は宇都宮店にも松重は訪れてきてくれたと微笑む。

「一昨年の11月も『仕事があったから』とふらりと1人で食べに来ました。帰り際、『珉亭の仲間たちと同窓会をしたいね』と僕の両腕を握ってきたんです」(智彦さん)

夫妻には松重から毎年、年賀状が届くそうだ。松重が醸しだす哀愁の背中には、餃子と仲間への”愛”が詰まっていた!

【関連記事】

ザ・タイガース再結成にあった恩人の遺言

能年玲奈に橋本愛…ブレイク確実女優たちに”意外な共通点”
山田洋次 監督生活50年で明かす「転職考えたことあった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング