大島渚監督「ママ…」介護17年の妻に贈った「最後の言葉」

投稿日: 2013年01月22日 07:00 JST

「父は、すでに意思表示はできませんでしたが、20年ぶりに母が舞台に立つ前日に旅立ったというのは、非常に運命的なものを感じます。『俺のことは心配するな』と、旅立ったのかなと思っています」

“父の最後”について語るのは、長男の大島武さん(49)。1月15日、映画監督の大島渚さん(享年80)が、神奈川県の病院で肺炎のため亡くなった。家族が見守る中、静かに息を引き取ったという。翌16日、舞台『女のほむら』の初日を終えたばかりの妻の小山明子さん(77)が会見を行った。

「昨年の暮れから肺炎を起こしまして、私の舞台稽古のときから、ちょっと危ない状態が続いていました。私もすごく心配しておりましたが、15日という”いい日”を、彼は選んでくれたと思っています。この日は、舞台初日の前日でしたので、病院にも間に合いましたし、自宅に夫を連れて帰ることもできました」

小山さんは、’96年に大島監督が脳出血で倒れてから17年間、女優業を休み、妻として献身的な介護を続けてきた。長男の武さんは、大島夫妻の変わることのない”夫婦の絆”を明かしてくれた。

「父は最後、言葉がほとんど言えなくて、母のことを『ママ』と呼ぶことが多かったんです。それに対して母は『ママですよ』とか『ママ、帰ってきたわよ』とか声をかけていました。亡くなる日の朝も、父は『ママ……』と言っていたそうです。父が息を引き取ると、母は涙を流しながら『パパ、よく頑張ったね』と、話しかけていました」

【関連記事】

勘三郎さん「夫人は骨壷離さず…」いまだ決まらぬ納骨日程

小雪 産後院からの夜逃げを決めた「非セレブ待遇」の屈辱
休業状態の沢尻 エリカ 飲食店を開くため物件探しに奔走

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング