結婚33年目の百恵さんがキルトに込めた「変わらぬ乙女心」

投稿日: 2013年02月02日 07:00 JST

1月24日、東京ドームで恒例の『東京国際キルトフェスティバル』が開幕した。世界でも最大級の規模を誇るキルト展。賑わう会場のなかでも、ひときわ注目を集めたのが百恵さん(54)の『花占い』という作品だ。160センチ×160センチというピンク地の大作。

出品作をまとめた図録で、百恵さんは作品にこんな添え書きをしている。

《「すき」「きらい」をくり返す日本の花占いではなく、ユーモアとチクリとした毒と真剣さを折り混ぜたフランス語の花占いを楽しく感じていました。以前、旅先のフランスで一目惚れした美しいリボンが、リズム感を出してくれました》

フランス式の花占いは『彼は私を好き……』という言い出しの後、花びらを摘み取りながら『ちょっと好き』『とても好き』『情熱的に好き』『狂おしいほど好き』『ぜんぜん(好きじゃない)』と繰り返す。図録では、百恵さんの作品のタイトルの下に、この「ちょっと好き」以下5つのつぶやきがフランス語で記されていた。

花びら5枚のうち4枚、つまり80%が「好き」。自分を好きだと言ってくれる相手が”どれくらい好き”なのか知りたい――。百恵さんも三浦友和(61)との結婚から32年が過ぎ、夫の愛情の深さを改めて確認したい心境なのだろうか。

「友和さんはいま目の回るような忙しさですが、その合間を縫って百恵さんとドライブしたり、映画やディナーを夫婦水入らずで楽しんでいると聞いています」(三浦家の知人)

百恵さんにとって夫と2人の日常を過ごすのは、長男を出産した’84年以来、約30年振り。1月17日は54歳の誕生日で、折しもその日に長男・祐太朗(28)の主演舞台の再演が報じられた。二男・貴大(27)もメインキャストを務めた映画がベルリン映画祭に出品されるなど、俳優としてのキャリアを積み重ねている。

「百恵さんがぜひ見たいと話している映画があるらしく、2人で一緒に見に行くようですよ。1月28日には友和さんが61歳の誕生日を迎えましたし、映画の帰りには、2人が大好きなフランス料理店に立ち寄り、少し遅れた”誕生祝い”をするのかもしれませんね」(前出・三浦家の知人)

成長した息子たちの活躍を見守りながら、最愛の夫と過ごせる幸せ。キルトに込められた百恵さんの”恋する乙女心”は、結婚32年を経た今も、変わらぬままだ。

【関連記事】

三浦友和の紫綬褒章伝達式に「百恵さんなぜ来ない?」の声

紫綬褒章の友和に「もう悪いことはできないわよ」と百恵さん
山口百恵 引退から32年…渡辺真知子が語るプレイバック秘話

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング