綾瀬はるか 時代劇の所作2回だけで「素養ある」と先生

投稿日: 2013年02月03日 07:00 JST

好スタートを切ったNHK大河ドラマ『八重の桜』。頑固で負けず嫌いな主役の八重を演じるのは綾瀬はるか(27)。本誌は撮影現場の彼女に密着した。

早朝から始まった栃木県での撮影は、第5話分(2月3日放送)。凍えるほどの寒さにもかかわらず、綾瀬ははだしのシーンを弱音ひとつ吐かず演じ切る。崖から飛び降りる場面も軽やかにこなし、抜群の運動神経も見せつけた。待ち時間には、子役を抱きしめてみたり、共演者と談笑してみたりと和やかな雰囲気だった。

数日後、スタジオでの第6話(2月10日放送)のなぎなた稽古シーンの撮影。記者の顔を見るなり「よくきらったなし!(よく来ましたね)」と綾瀬から会津弁で挨拶が!

「なぎなたの特訓は、1日2時間、10日間ほどやりました。部活に参加してるみたいで楽しかったです」

そう話す彼女だけあって、この日は市川実日子(34)、芦名星(29)らと白熱の”なぎなた対戦”を繰り広げていた。「体を動かすのが大好き」な彼女は、時代劇の所作も2回やった時点で、先生に「素質がある」と褒められたそうだ。

「1年間ひとつの役を演じるのは、本当にすごいことなんだなってあらためて感じています」と大河の主役という立場をかみしめつつも、現場での綾瀬は元気いっぱいで、終始、笑みが絶えなかった。

【関連記事】

綾瀬はるかの熱演にビビったベテラン女優撮影横で猛練習

綾瀬はるか銃の使い方にプロも脱帽「汗だくで何百回も…」
八重の父熱演の松重豊 「役者断念で建設現場で働いたことも」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング