いざバレンタイン!綾小路翔が悩める女性に贈る”愛の金言”

投稿日: 2013年02月14日 07:00 JST

Twitterで22万人を超えるフォロワーを夢中にさせている氣志團の綾小路翔。バレンタインに向けて、悩める女子たちに恋のアドバイス、”愛の金言”を贈ってくれた。

『自分に自信が持てないって?どんな美人だって恋をしたら自信がなくなるんだよ!』

「恋愛において自信なんて持つ必要ない。以前、誰もが憧れる超有名な美人女優さんと飲んだときのこと。周囲のみんながその方に恋の相談をしていたんですね。やっぱ流石で、数々の素晴らしい名回答ぶりに感動したのですが、たまたま僕と2人になって彼女自身の恋の話になったらポロポロと涙を流し始めた。こんなに魅力的な人だって、恋愛に100%の自信があるわけじゃないんだ、って驚きました」

『浮気されたくなかったら?”避妊はすること!”って書いたコンドームを旦那さんの財布に入れておくといいよ』

「男って犬と同じでね、厳しく鎖で繋いでおいても、発情期がくると、鎖を引きちぎってメスのところに行っちゃう生き物。だからこそ、いつもは大らかに何の縛りもなく泳がせ、旦那に”俺って自由!”って思わせておく。そんな旦那が”今夜あの子と……”ってなったときに財布の中を確認すると”避妊はすること!”と妻の字で書かれたコンドームが……。もう、恐怖とともに、リスペクトされます(笑)」

『みんなサメになろうぜ。……ジョーズだよ、ジョーズ。恋ジョーズは床ジョーズ!』

「やっぱり男が好きなのは”昼は淑女で、夜は娼婦”。最強ですね。”何それ、ヤダー”とか言ってる場合じゃありません。非常に大事なとこなんです。恋愛に加害者も被害者もありません。”浮気された!”なんて被害者意識は絶対にダメ。立派な娼婦になって”今夜もあいつに会いたいな”って思わせればいいんです」

『家庭キャバクラ、試してみたらいいんじゃない?』

「旦那や彼氏のポケットから(キャバクラとかの)変な名刺が出てきても、イラッとせずに作戦を練り直そう。盛り髪にドレスで”お仕事お疲れさまでした〜”って迎えて、家庭内キャバクラをオープンしてみたらどうだろう?そんなポジティブな人は本当に無敵です」

【関連記事】

アラ50婚女性が急増中…経験者語る「驚くべき結婚事情」

何気ない一言で裁判も…増加する「妻から夫へのDV被害」
人気女性作家7人に聞いた「大切な人に贈りたい本」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング