山下真司 かつての“熱血教師”が体罰問題に言及

投稿日: 2013年02月14日 00:00 JST

2月14日、都内で俳優の山下真司(61)と照英 (38)の二人が映画『ジャッジ・ドレッド』の公開記念イベントに登場。バレンタインデーにチョコも溶ける程熱い男たちによる、熱いトークが繰り広げられた。

『ジャッジ・ドレッド』が未来のアメリカ東海岸を舞台にしたヒーローSF映画だということで、2人へ「ヒーローとは?」との問いかけが。山下は「日本の時代を変えた吉田松陰や伊藤博文」をヒーローに挙げ、照英は「山下さんによく似た厳しい父ですね」と、自分が父親になったことで見えてきた父の偉大さを挙げた。

山下はドラマ『スクール・ウォーズ』(1984年放送開始)で熱血教師を演じ、照英も映画『スクール・ウォーズHERO』(2004年公開)で同じく熱血教師を演じている。2人はいわば“W熱血教師コンビ”。映画版スクール・ウォーズを演じた照英に対して、「あれは俺がやるべきだったよ。興行的にはどうだったの?」と山下。イベント冒頭からの大先輩の絡みに対して、照英はタジタジの様子だった。

世間で柔道界での体罰問題が取り沙汰されていることに山下は、「スクール・ウォーズでも一回だけ体罰のシーンがあった。する側は泣きながら殴っていた。受け手も愛を感じていなければいけない。日常的な体罰はよくない」とコメント。照英も、「愛があるから何でもしてあげたいという気持ちになる。そうじゃなければ話もしない。これからは言葉で褒めるコーチング法が問われる」と語った。

男性客のみで埋まった会場に山下は、「今日はバレンタインデーだよ。皆はチョコ貰ったの?貰ってない?ダメだよ、自分から花を贈るくらいの積極性がなけりゃ」とチョコに縁のなかった男性客に檄を飛ばしイベントを後にした。

【関連記事】

園田前監督 暴走陰に「金メダルの妻へのコンプレックス」

桑田真澄「毎日殴られた」中学時代監督の言い分
いざバレンタイン!綾小路翔が悩める女性に贈る”愛の金言”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング