ノムさん 「本当は、私が初代WBC監督のはずだった」

投稿日: 2013年02月19日 00:00 JST

2月19日、都内で行われた「BIGな開幕戦 BIGマンvsボヤいてばっかりマン」のCM発表会に、『BIGマン』ことタレントの高田純次(66)と新キャラクター『ボヤいてばっかりマン』の野球解説者・野村克也氏(77)が登場した。

最高で6億円が当たるスポーツ振興くじ『BIG』。その新CMでは、野村氏がいつもぼやいてばかりいる『ボヤいてばっかりマン』に扮し、「当たりませんよ、そんなもの」、「夢も希望もないでしょ」などといつもボヤいてばかりいる怪人役に選ばれ、「CMには縁のない人間なのに、なんで私なんかが選ばれたの?」とここでもボヤキを続けた。

そんな野村氏が、今WBCに湧く野球界について質問されると、「実は、第一回目のWBCの監督選択会議で、ほぼ私が監督をやるような空気だったんですよ。でもコミッショナーが気に入らなかったみたいで、私がトイレに行っている間に王さんが選ばれてたんです」と、強烈なボヤキに会場は騒然とした。野球通の高田純次もこの大胆発言には目を丸くしてビックリの様子だった。

野村氏は「ふだんはくじなんて買わない。ドラフトもいいくじを引いたことがない」とボヤいたが、「でも今回は買ってみようかな。まずは買わなきゃ当たらないしね」と笑顔に。

もし6億円が当たったらどうしたいか、という質問に”平成の適当男”高田は、「タンメン屋をやろうと思ってます。薄味だから当たり外れないと思って」と夢を語ると、野村は「球団でも買いますか」とニヤリ。
すかさず記者から、「30億円くらいはかかりますよ」と突っ込まれると、「じゃあ5回当たればいいんですよ」と高田の適当なフォローが入り、会場を沸かせた。

(撮影/高田崇平)

【関連記事】

1等連発! 浜松・宝くじ売場「巳年夫婦」の強運

「当たった」とつぶやき急死の祖父「遺品から1億1千万円」
直撃に総務省が認めた!「2013年4月にロト7が誕生する」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング