加護亜依 ママ業専念の一方で…”1億円超”訴訟問題が再燃

投稿日: 2013年03月14日 07:00 JST

昨年6月に第1子の長女を出産し、芸能活動を休止して専業ママ生活を送っている元モーニング娘。の加護亜依(25)。最近のブログでは、初めての子育てを楽しんでいるように見えるのだが……。

先月、加護はそのブログで突然、しばらくブログを休むと書き込みファンを驚かせた。だが、このわずか4日後には早くもブログを再開。育児に専念するためにブログを休むつもりだったと説明した。この間の出来事に関して、加護の所属事務所「メインストリーム」の伊藤和幸社長はこう語る。

「突然のブログ休止や再開の背景には、加護の家庭内の問題があると思います。意味深な表記をしたりするのは、だいたい家庭内で何かがあったとき。以前からそうなんです」

加護は、仕事のドタキャンなどトラブルが絶えず、’11年末には事務所側が1億円超の損害賠償を求める訴訟の準備をしていた。しかし、同時期に加護の結婚と妊娠が発覚し、母体に気遣い訴訟は見送られてきた。前出の伊藤社長が、加護の身辺の変化について続ける。

「実は、今年に入って、飲食店を経営する実業家の夫の姓が、加護姓になっているんです。つまり”婿養子”になった、ということですね」

夫・A氏は、加護との恋愛や、自身のビジネス上で生じたさまざまなトラブルが報じられてきた。姓を変えたことには、何か理由があるのだろうか。弁護士の高橋早苗氏はこう語る。

「一般論でいえば、借金でブラックリストに載っている人など、旧姓のままだと不都合がある場合に、変更する人がいます。加護さんのご主人の場合にも、何らかの事情があったと考えられます」

この件について、本誌は2月下旬、都内のマンションの前で加護を直撃取材した。夫が姓を変えたということについて聞いてみたところ、「話さない。何もいわない」とだけ答えると、車のドアを急いで閉め、走り去っていった――。

「最近彼女は、ツイッターに『この人なら、裏切られてもいいと思えば、裏切られても私は苦じゃない』と書いていました。やはり、夫婦間で何かもめ事があるのでは。いずれにしろ、出産があったので様子を見てきましたが、そろそろけじめとして提訴も再検討しているところです」(伊藤社長)

【関連記事】

加護亜依”フジVS事務所”で勃発した「ドロ沼金銭バトル」

加護亜依 妊娠6カ月の不安「もう芸能界に戻れないかも…」
加護亜依 逮捕された“同棲恋人”との「涙の2ショット」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング