樹木希林 親族に打ち明けた決意「もう体にメスは入れない」

投稿日: 2013年03月19日 00:00 JST

「希林さんが、がんのことを告白しているのを私もテレビでみました。彼女があんなふうに自分から言うなんて、びっくりしましたね……」と話すのは中谷桂子さん(76)。彼女は樹木希林(70)の兄の妻であり、現在は神奈川県横浜市で居酒屋を営んでいる。

3月8日、日本アカデミー賞授賞式で体中が、がんにむしばまれていることを告白した樹木希林。映画『わが母の記』で最優秀主演女優賞に輝いた樹木は、受賞スピーチで、「この賞をいただくと来年司会をやんなきゃいけないというのが……。私ね、冗談じゃなく全身がんなので、来年の仕事の約束ができないんですよ」と口にし、会場に衝撃が走った。

樹木が乳がんで右乳房の切除手術を受けたのは、’05年。その2年後にがんが再発したという。本誌は、樹木の義姉である桂子さんに話を聞いた。

「希林さんは’07年に再発したときから、鹿児島の病院で治療をし始めたんです。自分でこっそりと治療していたようで、その当時は私も知りませんでした。ところが、私も’09年に同じ乳がんになりました。それを希林さんにお話ししたら、すぐに『私の言うとおりにして』と言って、鹿児島に連れて行ってくれたんです」

樹木が桂子さんを連れて向かった先は、鹿児島県のUASオンコロジーセンター。そこには樹木の主治医である放射線治療の名医・植松稔医師がいる。

「先生を紹介してくれて、私は1カ月間ずっと鹿児島で治療していました。希林さんが泊まるところから全部手配してくれましてね。実は当初、私は別の病院で手術する日も決まっていて、切る覚悟をしていたんです。でも、希林さんが『切るのは絶対、やめなさい。私が先生を紹介するから』と言って、鹿児島に一緒に行ってくれたんです」

自分と同じ乳がんを発症した義姉のために、鹿児島まで同行し、献身的に奔走した樹木。そこには、彼女が味わった苦い後悔があった。

「希林さんが再発したときは、『もう二度と体にメスを入れたくない』と思っていたそうです。やはり、乳房を切除してしまったことがつらかったのだと思います。つい1週間ほど前に会ったときも『お姉ちゃんは、切らなくてよかったよ。私は最初に切ったばかりに、あとあといろんなことが出てくる』と言っていました」

主治医によると、再発後の樹木はリンパ、骨、副腎など全身13カ所にがんが転移し、放射線治療を受け、現在、彼女は半年に1回、検査を受けているという——。

【関連記事】

樹木希林 「転移がん」が治っていたと…

内田裕也「妻に謝ったけど無言だった」と語りポーズ決める
しずちゃん 末期がんのコーチが語った「ロッキーみたいだった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング